夜更かし読書、やっちまったー。

わかっているんです。でも、やってしまうこと。私にとって、それは寝しなの読書。
今、何時だとか。明日、何時に起きなくてはいけないとか。きっちり明確に数字でわかっているのに、本を手にとってしまう。最近それが慢性化しています。

とくに昨晩はひどいものでした。
今朝9時にハウスクリーニングの業者さんがくることになっていたのに、ちょこちょこ用事をすませているうちに1時半になってしまいました。なのに、です。よりによって気になっていた前に読んだ本の一節を探しはじめていました。
おかげさまで「おぉ、ここ、ここ」と見つかったのですが、そのとき時計を見る勇気はありませんでした。

満足感と自己嫌悪の損益分岐点で立ちすくむ、冬の真夜中。
[PR]

by takibi-library | 2008-12-09 22:37 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 怒りを鎮める最強の一手となる一... 豚のリエットを作ったこと >>