益子でのお正月

今年のお正月は、1月2日から4日まで益子で過ごしました。年明け早々に泊りがけで出かけることは、家族旅行を除くとこれまでになかったことなので、例年にない1年のはじまりでした。



1泊目はブックピック代表のKさんと私の2人だったので、スターネットに泊めてもらいました。私は以前スターネットで働いていた、現在は宮城県在住のIさんと相部屋でした。
夕飯はオーナーさんのご自宅で、地の野菜をふんだんに使った献立をいただきました。とくに驚いたのはこんにゃくです。こんにゃく自体が自家製であることもそうですが、さらに、それを薄く切って、ごま油と塩、おろししょうがで食べます。これ、箸が止まりません。さしみこんにゃくというと酢みそ一辺倒だったので「こんな食べ方があったのか!」と感心しました。ポイントは質のよいごま油を使うことだそうです。うちでも今度やってみましょう。
甘いものや果物までごちそうになり、夜は早めに就寝です。部屋でIさんと少しおしゃべりしました。Iさんとは今回はじめてあったのですが、とても感じのいいきちんとした方で、かといって堅苦しくなく、うちとけた話ができました。
2日目の朝は7時過ぎから山を散歩することからはじまりました。さすが北関東。私にとっての今年いちばんの冷え込みです(すぐに更新されるのですが)。場所に寄っては5cmくらいの霜柱が降りています。思ったより険しい道のりでしたが、展望台までがんばって、今年最初の富士山を拝みました。その後、柚子茶で身体を温めている間に朝ごはんが整えられました。パンケーキが絶品でした。作り方をうかがったのですが、マジックです。このパンケーキについては今後研究するつもりなので、くわしくはまた。
朝食の後は温泉です。町営の片貝温泉に行きました。新年なので町からお年賀にメジャーをもらいました。場所柄、手ぬぐいとかタオルがちょうどいいと思うのに、なぜメジャー?町の特産品でしょうか。
昼過ぎ、他のメンバー三人が合流。この日はスターネットの近くにある益古時計さんに泊まりました。夕飯を食べてから宿に荷物を運んで、この夜は天文台で開かれていた龍座流星群観察会へ。星はたくさん見ることができたのですが・・・とにかく寒かった!学芸員の方によるとおそらく氷点下とのこと。最後の方は星どころではなく、がまん大会になっていました。

古本初市のために訪れた益子ですが、それ以外のことがほどほどに充実していて、のんびりとした中にたくさんの気づきがありました。とくにちょっとしたおしゃべりにこれからのヒントがあったように思います。
今、それらも参考にしつつ今年をどう過ごすか考えている最中です。
[PR]

by takibi-library | 2009-01-09 08:16 | 図書室たき火 実践編 | Comments(0)  

<< 連休じゃないです。 「どこから行っても遠い町」読了 >>