本屋さんは楽しい。

今日も銀座へお出かけ。昼ごはんに家族とてんぷら屋さんへ行きました。今週は火曜日の洋食に続き2回目の豪華ランチです。

満腹を抱えて少し歩こうかと思ったのですが、歩きはじめてすぐ目に入ったINAXブックギャラリーに吸い込まれてしまいました。

こちらの本屋さんは独自の並びが楽しいです。おもしろいと思うのは、リズミカルにサイズの違う本が並べられているところです。新書と文庫がごちゃ混ぜなんです。自分の本棚だと収納の効率とか考えてしまうけれど、マインドマップのようにつながりが目で見てわかるような並べ方をするのもアリかもしれません。
その並びのせいか、これまで気づかなかった本がたくさん見つかりました。八代目三津五郎の食エッセイとか、村上春樹さん訳の猫の童話(catwingsじゃなくて!)とか。

買いたかったけれどぐっとこらえました。
積読ボックスがいっぱいだからです。読めば買える!じゃんじゃん読もう。(おー!)

INAXから有楽町駅へ向かう途中、プランタンで古本のワゴンセールに遭遇。ちょっといいものが買えました。ある本についてブックピック代表のKさんに確認したところ、ほどほどに「買い」だったようで、うれしかった。
それから先日、長期計画で辻邦生さんの「ある生涯の七つの場所」の文庫(絶版)をもう一式そろえようと決めたのですが、ワゴンの中に5巻目を発見。状態もよくってラッキーでした。あと6冊。がんばるぞ。(ドラゴンボールみたいだ。)



実は、INAXからそのまま駅に行ったのではなく、その近くのイデミ・スギノに寄りました。火曜日に行った洋食屋さんのメートルさんに一時のフィーバーは終ったようだと聞いたので、様子を見るつもりでした。
行ってみたら、2時ごろだったにも関わらず、ケーキは半分も残っていませんでしたが、店内はそれほど人がいません。せっかく来たので食べて帰ることにしました。
“リビエラ”というとても手の込んだレアチーズケーキ(表現力乏しすぎ)を食べました。複雑そうに見えて、私にも理解できるおいしさ。ここのケーキは「すごい」と思います。しょっちゅう食べるものではないけれど、年に1度は食べて、大げさに言えばその存在から学びたいです。

イデミ・スギノでちょっとしたできごとがありました。
ウェイトレスの女性に「そのバッグ、ミナ(・ペルホネン)のですよね」と話しかけられたのです。誕生日に父に買ってもらったのですが、う~ん、わかる人にはすぐわかるのです。ひとりでいたので、「ミナ、かわいいですよね」と、ちょっとお話できて楽しかったです。
[PR]

by takibi-library | 2009-02-05 22:23 | いつも読書 | Comments(8)  

Commented by K at 2009-02-06 00:04 x
最近は「図書館XX」を(借りて)読んでるKです。

村上春樹さんの猫の童話「ポテト・スープが大好きな猫」
ですか?うちにありますよ。大きいのが ^_^。

良ければ今度会う時にでも持参しますが。
Commented by takibi-library at 2009-02-06 12:06
おぉ、それそれ!私が見つけたのは文庫。文庫にできる最低ページ数ではないか?と思う極薄本でした。
今度会うとき、よろしくです。
Commented by K at 2009-02-10 09:01 x
では、今度会う時に。

ところで面白かったですよ。「図書館戦争」シリーズ。

どこかで読んだことがあるような感じだなと思ったら、
「星へゆく船」とかなり似たテイストなのでした。

本編を読み終えて別冊を図書館に予約中です。楽しみ。
Commented by takibi-library at 2009-02-10 11:40
>「星へゆく船」とかなり似たテイスト

それは魅力!私も図書館に予約入れておこうかな。
Commented by K at 2009-02-10 14:01 x
「とりあえず安心」なところも似てますよ(笑)。

新井素子さんの「ハッピー・バースディ」文庫版の
解説を図書館シリーズの有川さんが書いています。
今日立ち読みしてきましたが、なかなか面白かった
です。

図書館シリーズは結構予約入ってると思うので
気長に待ってみては。
Commented by takibi-library at 2009-02-11 20:26
最近、つくづくと思います。世の中にはほんとうにたくさんの本がある。
図書館シリーズはほとぼりが冷めたころ(?)着手できればいいかな。とりあえず予約は入れていますが。
Commented by K at 2009-02-17 18:33 x
まぁ、出会わない本の方が圧倒的に多いわけで、その分
何かのきっかけで出会った本を大切に読みたいな、と。

ここで知った「どこから行っても遠い町」や「きょうの料理の
ヒミツ」も読みましたが、どちらも素敵な本でしたよ。
Commented by takibi-library at 2009-02-18 08:10
そのとおりだね。
最近、Kのいう「何かのきっかけ」が人だとうれしいです。自分で発掘するよりも。

<< 「春の戴冠(1)」:物語のはじまり チョコ祭り >>