「「きょうの料理」のヒミツ」:読み応えあり

やっと本格的に読みはじめた、後藤さんの本。
読んでわかったのは、長寿番組「きょうの料理」についての本であるということ。それについて後藤さんがまとめてくれたり、これまでに登場した先生方の人となりや思い出話などを披露したりいます。

しかし、やっぱりいちばんおもしろいのは後藤さん自身についての話です。後藤さんには各界のみなさんが注目しているらしく、たとえば、東海林さだお×赤瀬川原平×鹿島茂という豪華対談のネタにもされています(後藤さんにとっては「トホホ」な言われようなのですが)。このような、いろいろな後藤評を自ら収集、紹介するのはある意味新しい(?)かもしれません。
そのほかにも、夜の渋谷でNHK職員として想定外の大活躍とか、「やっぱり後藤さん!」というエピソードの数々が披露され、思わず笑ってしまいます(外では読めないな)。

思いのほか参考になるのは、引用したり参考資料として紹介されている、先生方の著作についての情報です。食べる人ではなく、作る人の言葉はたいへん興味深いです。いくつかはぜひ手元に置きたいと思いました。

こうして積読ばかりでなくお買いものリストもぐんぐん伸びていくのであります。トホホ。

「きょうの料理」のヒミツ

後藤 繁榮 / 平凡社


[PR]

by takibi-library | 2009-02-11 20:37 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 買い物ホリデー! ワークショップのお知らせ >>