から揚げ、から揚げ、るるるるるー。

今日、はじめて「ほか弁」を食べました。

同僚と買いに行くとき、笑われちゃいました。「なんか、似合わないよー」
でも、人生初ほか弁、けっこうおいしかったです。

たしかに、すごくおいしいってもんじゃないけど、ふつうにおいしく食べられます。値段を考えればすごいです。私が行ったお店で働いているのは(たぶん)中国人の女性ばかりで、ちゃきちゃき注文をさばいています。これもけっこうすごいです。自分が英語でアレをやれと言われることを想像すると、頭が上がりません。

いい年した娘が「昼はほか弁買って食べた」なんて、きっと親からしたら嘆かわしいことだと思う(すみません)。でも、そんなにひどいものではないし、予算制約を考えるとそのなかではまっとうな食べものだというのが印象です。私はいつも自分でお弁当を作っているけれど、かりかりのから揚げは無理です。から揚げ弁当が、栄養バランスのよい手作り弁当より魅力的なときもあるし。

食べものに貴賎はないのかもしれない。貴賎があるとすれば食べものに対しての思いのほうかもしれない。

ところで、コンビニのお弁当も食べたことがないけれど、こちらにはあまり興味が湧きません。レンジでチンすれば同じように温かいものが食べられるのでしょうけれど、目の前で揚げたものをよそってもらうのとは値段以上の違いがあるように想像しているのです。



アルバイト先の近所に“ほっともっと”があって、食堂が休みの土曜日には同僚が何人か買いに行っています。いっしょに食べる私はいつも自前のお弁当。揚げたてのフライがのったお弁当にはいつも興味津々なのでした。

ほっともっとでは、「節約応援キャンペーン」としてとくべつに安い商品があります。今はから揚げ弁当が300円です(通常は430円)。同僚と約束して、今日はほっともっとへ行くぞ!と決めていました。

ほかほかですから、お弁当ができるまで5分くらい待ちます。注文してお会計をすると、レシートと一緒に引換券がレジから出る仕組みになっています。待ち時間にメニューを熟読。いろんな種類があるのです!520円の日替わり幕の内は人気のようで、今日はもう売り切れていました。

お弁当の中身はから揚げ4個、生野菜、漬物、たっぷりのご飯です。
でも実は、私には追加おかずつき。先週の土曜日にから揚げ弁当を食べていた他部署の人がいて、それをチラ見しました。野菜が少なくて、ちょっと食べ飽きそうな気がしたので、から揚げ弁当と決めていた今日は野菜の煮物と、サラダ玉ねぎのおかか和えを家から持って行きました。

から揚げにはスパイス(塩コショーみたいなの)とレモン汁がついていて、これらをかけると、ますますご飯がすすみます。このくらいのしっかり味にするとたっぷりのご飯も食べきれるんですね。
追加おかずも食べたら、ご飯はとうてい食べ切れません(ごめんなさい)。今度はご飯を少なめにしてもらわなくては。
[PR]

by takibi-library | 2009-02-14 23:43 | くらし | Comments(2)  

Commented by ヨシカズ at 2009-02-20 15:36 x
福岡行っていた間は、ほか弁の300円セールのお世話になりました。
大抵、空腹の波が来た時に弁当を買っていたので、そのまま界隈だろうと、住宅地だろうと買ったらすぐにほお張ってました。
弁当が温かいっていうのもあるんだと思うんですが、買って店を出た次の瞬間には腰掛けれそうな場所を探してしまいます。
オトナになるとこういう事も難しくなってきそうですが。。
Commented by takibi-library at 2009-02-20 20:02
なかなかワイルド(?)ですね。冬空の下で、ほかほかと湯気の立ちのぼるごはんを食べている人がいたら、ちょっとうらやましくなるかもしれない、と思いました。
もうちょっと暖かくなったら、ピクニックです。最初はお花見かな。そのころヨシカズさんは、新生活がはじまりますね。

<< スピンについて 買い物ホリデー! >>