那須野牧歌

週末の旅行で、黒磯のCAFE SHOZOを訪ねたのですが、途中、かねてから気になっていた駅前のおまんじゅう屋さんに寄りました。

そのお店は明治屋さんといって、店先には温泉まんじゅうをふかすせいろがほかほかと湯気を立てています。いかにも!の光景ですが、とくにこの季節はこの湯気がなんとも魅力的です。昼ごはん前にもかかわらず、友だちとお店に入り、温泉まんじゅうをひとつずつ買いました。店内にはおまんじゅうを食べられるテーブルがあって、温かい麦茶をいただけます。ほうじ茶ではなく、麦茶、というのがのどかでうれしかったです。

明治屋さんは和菓子屋さんのように見えますが、店の奥にはケーキが並んだショーケースもあります。ショートケーキとか、モンブランとか、エクレアとか。街のおかし全般を担っているようです。
そんな和洋どちらもござれの明治屋さんの、温泉まんじゅうの次の名物商品が「那須野牧歌」です。

那須野牧歌

那須野牧歌は、“フワッとした食感のブッセ生地でブレンドした数種類の『フレッシュバター』をそのままサンドしたシンプルなお菓子”(ホームページより)なのですが、これには正直驚きました。どれだけバターが入っているのか。ナボナのクリームと同じくらい、と思うとそれなりの(禁断の)量では。
とりあえず、買うのは帰りにするとして、昼ごはん+SHOZO村散策に出かけました。

ところで、私はバターが好きです。
ふわふわのブッセの中に冷たく締まったバターというのはなかなか魅力的です。でも、那須野牧歌はちょっとやりすぎなのでは?と思いました。そうしてひとしきり迷ってから、何事も試してみようと決めて、3個買いました。

3個のわけは、バターの状態をいろいろ試すため。
1つめは冷蔵庫から出してすぐのバターが固い状態で、2つめは室温に戻してクリーム状のところを食べます。
最後のひとつは、“好みでオーブントースターで表面が少しきつね色になる位まで焼いて頂きますとサクッと香ばしく、中のバターがしっとりとなり、そのままとは趣の異なる「那須野牧歌」となります”とのことなので、これをやってみます。

今日は1つめにチャレンジ!
見た目は地味ですが、このお菓子、おいしいです。この締まったバターは存在感バッチリ。塩気もほどほど。ホントおいしい。

2つめ以降、順次レポートします。
那須野牧歌は、御用饅頭、トラピストガレットにつづく、第3の那須名物になる可能性大。
[PR]

by takibi-library | 2009-03-03 10:52 | くらし | Comments(0)  

<< トマトは赤い。ほんとうに赤い。 悩ましき本選び >>