休日?かどうかはよくわからないけど、いい一日

アルバイトが休みの今日は、午前中は歯の検診と、文庫本葉書の材料の買出し、一度帰って午後は家で作業。思った以上に作業が進んだので、早めに夕飯をすませて、散髪に出かけました。

文庫本葉書は一度引用したものも何度かくりかえし作るので、同じ本を探すのですが、そこは古本。すぐに見つかったり、なかなか見つからなかったり、まちまちです。
実は今、文庫本葉書をフル稼働で作っていて、今日はなるべくたくさんの本を買いたいと思っていました。それは、出発前の漁師のような気分です。今日の釣果はいかに?

Book Offも含めて何軒かの古本屋さんを回って、なんと30冊以上見つかりました。冊数では都内某所のBook Offでの投網漁がいちばんだったのですが、すてきなのが見つかったのは渋谷の古本屋さん。
歯医者さんの近くの2軒の古本屋さんへ行くのは検診のお楽しみなのですが、今日も「意外と♪」というのがいくつか見つかりました。
たとえば、古本的価値はさておき、ジャック・ロンドン「野生の呼び声」旺文社文庫版とか、ぐっときます。
ぐっとくるようになっちゃったんだなー・・・(遠い目)。

ところで、「ジャック・ロンドン」と書かずに「ロンドン」だけっていうのは、一瞬「は?」と思います(笑)。「アガサ・クリスティ」が「クリスティ」でもいいけどね。

ずっしりと重い買い物バッグを持って、がんばって牛乳も買って、家で遅めのお昼ごはん。
モッツァレラチーズとトマトのサラダを食べました。そして、デザート兼おやつは渋谷のディーン・アンド・デルーガで買ったシナモンロール。
アメリカのものはあまり感心しないのですが、ここのシナモンロールはアメリカーンな強烈さが不思議とおいしく感じます。これを食べたとき、レベッカ・ブラウンの「体の贈り物」に出てくるシナモンロールの描写を思い出して「これか!」とやっと理解しました。

午後はせっせと作業です。テーブルは本の山がずん、ずんと現れました。買ってきた本の整理と、引用のチェックがすんだところで早めの夕飯。おひとり様なので、簡単に焼きそばを作ってぱぱっとすませます。

梅雨に入ってから髪がふくらんでうっとおしいので、散髪へ行きました。家からいちばん近い美容室へ通っていてうれしいのは、こんな時間に出かける気になるところです。
ちょっとマッサージをしてもらったり、ハンドケアのサービスを受けたりしてリラックス。さんざん本を触って、手がかさついていたので助かりました。

家に戻って、再び作業。でも、ひたすらプリンターに働いてもらうので、私はもっぱら「ルパン三世」を見て過しました。最近気に入っているマンゴーカルピスを飲んで、やれやれです。

さ、明日はアルバイト。もちろん、お弁当持ち。早く寝よう。
[PR]

by takibi-library | 2009-06-19 22:57 | くらし | Comments(0)  

<< 千歳烏山は今日も雨だった。 「おはよう」と「おかえり」の香り >>