「フローラ逍遙」読了

往来堂書店で配られている「往来っ子新聞」をご存知でしょうか。その1コーナーに「地味売良品(じみうれりょうひん)」というのがあり、この「フローラ逍遙」も紹介されました。

それ以前に「ここち」で紹介もしているのですが、地元の図書館になくて、私自身は未読のままだったので、先日往来堂へ行ったときに、(もちろん)平積みになっているところを買い求めました。

「フローラ逍遙」は、こんな本です。
澁澤家に咲く25種の花にまつわるエッセイ集。東西の植物画からなるカラー図版、八坂安守さんによる詳細な解説など、美しく贅沢な一冊です。近づけてみると、花のいい匂いが香る気がします。
こちらは平凡社ライブラリーですが、絶版になってしまった函入の単行本も贈りものにしたいくらい、とっても素敵。古書での相場は2500円前後。すぐに売れちゃう一冊なのですって。(「往来っ子新聞 第3号)
読み終わって・・・評判どおりです。博物学的でもあり、文学的でもあるエッセイのせいか、ひとつひとつの植物画がみずみずしく感じられました。
読みものとしてよし、表紙の椿の絵を眺めるだけでもよし。手の届くところに1冊あるときっとうれしい本だと思います。正直、函入がほしい(笑)。

先日読んだ「家守綺譚」に続き、本で読む植物にすっかりまいっています。

フローラ逍遙 (平凡社ライブラリー)

澁澤 龍彦 / 平凡社


[PR]

by takibi-library | 2009-07-10 15:20 | いつも読書 | Comments(4)  

Commented by まつお at 2009-07-10 23:11 x
東博にある酒井抱一の「夏秋草図屏風」という絵がとても好きです。
次は「植物記」だね!
Commented by takibi-library at 2009-07-10 23:23
ほほぅ、「植物記」。なんか気分が盛り上がります。
でも、まずは梨木さんの本を発注しますんで、よろしくです。
Commented by at 2009-07-11 12:22 x
最近でた「植物園の巣穴」も面白そう。
装丁もしっとりしていたよー
図書館で借りるか買ってしまうか…
Commented by takibi-library at 2009-07-11 21:30
まずは「借りる」だな。読んで、本当にほしくなったら、買うことを考えます。

<< ねむー。 「家守綺譚」読了 >>