「1Q84」について話す。

「1Q84」を読み終わってから、この話をしたいと思いつつ、機会(あるいは相手)に恵まれていなかったのですが、先日それが叶いました。

同じように大半の村上作品を読んでいる、この前の投稿にコメントを寄せてくれたましゅと話したのですが、二人とも「(ずいぶん売れているけれど)どんな人が買っているのか」と疑問に思っています。万人受けする物語ではないし、長いし、高いし(笑)。

そもそもどうして「話題作」になったのでしょうか。「売れているから買う」というのが始まる前のことです。
ノーベル賞候補とか、エルサレム賞とかそのスピーチとか、なのでしょうか。わかりません。
(だれか、その最初のきっかけや理由を教えてください。)

たとえば、「ダヴィンチ・コード」がすごく売れたとき、みんなが持っていて、貸し借りも活発で、「もう読んだ?」「どこで犯人がわかった?」と話したりして・・・ということがありましたが、「1Q84」については一定の“本友だち”の間でしか話題になりません。

たしかに、この作品について感想を口にすることは、個人的な気持ちを吐露することに他ならないので、親しい間柄の人としかその内容については話題に出しにくい、というはあります(よって、このブログに詳しい感想を書くつもりはありません)。けれども、売れている割に読んでいる人との遭遇率があまり高くないように思います。

謎です。はじめて村上作品を読む人が、そして、おもしろくないと感じたり、途中で読むのをやめたりしているのでしょうか。
ましゅとは、はじめて読む村上作品としては「1Q84」はおすすめできない、ということも共通認識として上がりました。ブックピックの仲間のKくんは「1Q84」が人生初の村上作品でしたが、「読まず嫌いはあっさり克服」とのことでした。これはとてもまれな、幸福な例なのかもしれません。

私は読んでよかったと思います。読んでいるとその時間はかけがえのないものとなったし、物語が残り少なくなることがせつなかったです。
これまで読んだ村上作品の中でいちばん好きか、というと、けっしてそうではないのですが、これからも村上さんが物語を作り出してくれるのを心待ちにすることは、ひとつの生きる楽しみでありつづけると思います。

最後に、二人の意見が割れた点をひとつ紹介します。それは「続きはあるか?」です。
私はないと思いましたが、ましゅは「これまで上下巻だったのに、1、2と表記しているから、3、4があるかもしれない」とのこと。うーん・・・そうなのかなー。

続きはあってもなくてもいいです。あれば、読むだけ。

1Q84 BOOK 1

村上 春樹 / 新潮社


1Q84 BOOK 2

村上 春樹 / 新潮社


[PR]

by takibi-library | 2009-07-21 23:01 | いつも読書 | Comments(12)  

Commented by つちや at 2009-07-22 06:37 x
おはようございます。
ちなみにぼくも初村上作品だったのですが、1巻を読み終えたとこでストップしています。「嫌い」といった強い理由ではなく、「止まらない〜」とはならなかったんです。止まっちゃいました。
少し寝かせて、また戻ってみます。
Commented by takibi-library at 2009-07-22 09:27
つちやくん、おはよう!
止まらない~にならない→止まる、は自然なことだと思います。無理矢理読んで、楽しくない思い出(大げさか)にすることはありません。
もし他の作品からリスタート、ということになったら、いくつか貸せるものがあるので、言ってくださいね。
Commented by saheizi-inokori at 2009-07-22 09:31
フツーに面白かったけど、、比喩がなあ。
Commented by つちや at 2009-07-22 12:33 x
他の作品からぜひリスタートしたいです!
わりかしお手軽な気分のもの、何でもかまわないので口直しをさせていただきたいです。よろしくお願いしますー。
Commented by 本屋Mさん at 2009-07-22 21:29 x
おお つちやくん!

金曜日、この話をしようと思っていました。
発売日当日は30代くらいの男性が次から次へと購入。(さくっと迷いなし)
翌日は+40代男女、週末に50代60代、日曜日にそれより上、という購買層だったような気がします。(立地もあるのかな…)
とにかく最初のほうは男性ばかりだったなあ。
あとはもう、ボジョレーみたいなかんじで…。美味しいらしいから飲んでみよう!面白いらしいから読んでみよう!的な好奇心じゃないかしらん。
もちろん、それだけじゃないけど。
Commented by takibi-library at 2009-07-23 20:18
saheiziさんの感想、拝読しました。
村上さんの比喩表現が正しく適切であるかどうかはわかりません。けれども、その比喩が唐突であるとか、理解の助けにならないとかと感じたことはありません。
この感覚の違いはどこから生まれるのでしょう。自覚的には“最近の若者”ではないと思うのですが。
Commented by takibi-library at 2009-07-23 20:22
つちやくん、個人的には短編集から読むといいと思っています。
でもここは、本屋Mさんや代表Kさんとも相談してガツンと(?)おすすめしたいところ。しばしお待ちを!
Commented by takibi-library at 2009-07-23 20:24
本屋Mさん、金曜日は「1Q84」の話ができるとこっそり楽しみにしていました。
“ボジョレーみたい”というのはなるほど!と思ったよ。世界でいちばん早く読める/飲めるのも一緒だね。
Commented by ましゅ at 2009-07-24 08:00 x
1が「4-6月」、2が「7-9月」なので、1Q84年はあと3ヶ月残っているよ(^^)
読了後、面白さより心にしっかりと後を残している「何か」がずっと気にかかっています。ポロックの絵画が自分の中にペイントされたような。単に汚れのように思う人もいるかもしれないけど、それは既に自分にペイントされて、(村上作品の力、もしくは呪いによって)消えることはないのだなぁと感じています。
物語と現実についてちょっと考えが進んだので、また話しましょう。那須で(^^)?

Commented by takibi-library at 2009-07-24 09:00
「あと3ヶ月」説は、なかなか有力かもね。
「呪い」というのは正しいかもしれません。言葉には、誰が使ったとしても、それだけの力が可能性として備わっていて、使い手によってはその力が最大限に発揮されると思います。
読み終わったときから少し時間が経ってから、あの物語について話し合うことによって、もう一度読みたくなりました。那須に行くまでに2だけでも読み返すか(笑)。
Commented by saheizi-inokori at 2009-07-29 10:39
読み飛ばせばいいのでしょうが、なんしろ天下の春樹、そこはきっと何か深遠な意味が隠されているのだろう、それが分からないのは情けない、とこちらが勝手に引っ掛かっているのです^^。
Commented by takibi-library at 2009-07-29 20:36
村上作品を読み始めてからかれこれ20年になります。
コーヒーとか、床に散らばるピスタチオの殻とかがかっこいいと思っていたころからなので、独特の表現に慣れているのかもしれませんね。

<< 「アクロイド殺害事件」読了 犬のおまわりさん >>