かずさんの日曜喫茶@cholon代官山

cholonさんのブログでずっと気になっていたのですが・・・たまたま(行くまで忘れていただめっぷり)今日、「かずさんの日曜喫茶」にうかがうことができました。

はじめに断ってしまうと、たまたまだったのでカメラ不携帯でした・・・よって写真はなしよ(ごめんなさい)。

お店に入ってすぐのところに、黒のギンガムチェックのクロスがかかったテーブルが設置されていて、そこには、メニューカードが。しっかり喫茶店でした。

コーヒーとチョコレートケーキをいただいたのですが、コーヒーについて驚いたことが!
なんとコーヒーは、まとめて淹れておいて温めなおしたものが供されるのです。そして、それはちゃんといい香りがして、ちゃんと香ばしくおいしかったのです。

これで積年の疑問が解決しました。
村上春樹さんの小説やエッセイには、たびたび「コーヒーを温めて飲む」場面が出てきます。10数年前(もしかしたら20年前?)からずっと、「それってまずくないのかな」と思っていました。村上さんが読者からの質問に「ちゃんと淹れたコーヒーなら暖めなおして飲んでもおいしい」と答えたのを読んでも、「ほんとかな~」と思っていました。

ところが、今日、本当においしいのを飲んでしまった。

かずさんにうかがったところ、ちゃんと淹れて、酸化を防ぐためなるべく空気に触れないように(もちろん加熱はし続けないで!)保存すれば、半日くらいならおいしく飲めるとのこと。おおーっ!

コーヒー淹れに関する次の目標。
一日家にいるときに、朝コーヒーを多めに淹れて、おやつにもそれを飲んでおいしいこと。

がんばろう!
[PR]

by takibi-library | 2009-10-25 23:08 | くらし | Comments(2)  

Commented by さすらう白玉 at 2009-10-26 09:32 x
はじめまして。通りすがりに失礼します。
直火を避け、湯煎で温めると良いようです。
(味の変化が抑えられるという意味で)
Commented by takibi-library at 2009-10-26 22:28
白玉さん、はじめまして。アドバイス、ありがとうございます。
そういえばかずさんも湯煎で温めていました。肝心なところを忘れ去って、電子レンジに入れるところでした(笑)。あぶない、あぶない。

<< つくばへ自主出張 「阿寒に果つ」読了 >>