きのうの料理

昨日はおうちごはん会をしました。久しぶりで、前の晩は何を作ろうか考えて寝つきが悪かったのですが、支度の時間もしっかりとっていたので、順調に仕上げることができました。

れんこんとごぼうの素揚げ =塩味、油のこく、歯ごたえ
春菊と油揚げのサラダ =しょうゆ、ごま油、酢でさっぱり、しなやか
カリフラワーとソーセージの豆乳クリーム煮 =とろーりマイルド

鶏肉の味噌漬=熱々こんがり、味噌味
和風ジャーマンポテト=ほくほく、ほんのりしょうゆの香ばしさ

玄米ごはん
べったら漬、塩昆布、梅干し

友だちの一人が最近料理に凝りはじめたので、料理トーク満載のごはん会になりました。

どうしたら料理がうまくなるのか。
まずは、やっぱりおいしいものが食べたい!という気持ちを常に持つことです。私自身はそれに加えて、手際よく作りたい、というのがあります。
料理、私自身はうまいとは思っていません。謙遜とかじゃなくて、圧倒的に不器用なので、計画と時間が必要なのです。手際が悪い。これをいつか克服したいとずっと思っています。



はじめの3品で会をはじめるので、みんなが来る30分前までに次のことをします。

・鶏肉を味噌(日本酒で伸ばす)に漬ける
・春菊サラダは「後は混ぜるだけ」にしておく
・カリフラワーを下ゆでし、ソーセージは一口大に切る、豆乳でホワイトソースを作る
・じゃがいもを下ゆでし、ベーコンと長ねぎをいためておく
・れんこんとごぼうを揚げて、塩を振る→できあがり
・カリフラワーとソーセージをいためてからホワイトソースで和える→できあがり
・春菊を器に盛り、かりかりにした油揚げをかけて、ドレッシングで和える→できあがり

乾杯で会がスタート。最初はちょっとつまみっぽいもの、チャレンジ作(クリーム煮)などを出します。
れんこんとごぼうは揚げたてでなくてもけっこう平気。サラダは全体が馴染んできたら端休め的な存在になります。
ちょっと失敗だったのは、クリーム煮を出すタイミング。冷めるとホワイトソースが固くなるので次回以降は第2グループに入れたほうがいいかもしれないと思いました。

3品を食べ終わりつつあるところで、つぎの2品を仕上げます。

・鶏肉をオーブントースターで焼く→できあがり
・じゃがいもとねぎベーコンをいため合わせる→できあがり

オーブントースターで焼いている間にジャーマンポテトを仕上げられるので、あつあつの2品がどーんと出せます。遅れて着く人がいても、会の途中でできたてが出せると気分的に追いつくような気がするので、余裕のあるときは、料理を2段階で出すように計画します。

今回、ごはんはおまけ。玄米ごはんはおいしい?という話が出たので、それじゃぁ、と圧力鍋で炊きました。ごはんの友がさびしかったけれど、べったら漬が思いのほか好評でした。
ちなみに、梅干しは自家製。今年チャレンジしたのをはじめて食べました。思ったより「ふつーの梅干し」で驚きました(笑)。けっこう作れちゃうんですね。

まぁ、こんなふうにごはんを作っています。
[PR]

by takibi-library | 2009-11-07 23:11 | くらし | Comments(4)  

Commented by す~ at 2009-11-09 00:28 x
どれも美味しかったっす。
ごちそうになるたびに、ウチでも作ってみよ。と思います。
ごぼうとレンコンの素揚げ、おうちでこんなに美味しくできるんだ~とちょっと感動。
これウチでやってみよ、と思います。
ホノカアナイト万歳!
Commented by takibi-library at 2009-11-09 22:46
私が作るものは、ふだん料理をしている人ならそんなに難しくないと思います。
ごぼうもれんこんもおいしい時期なので、ぜひお試しを~。
Commented by ばにお at 2009-11-16 22:46 x
遅くなりましたがご馳走様でした。
玄米に変えようか検討中です。次の日は・・・・・でした。
Commented by takibi-library at 2009-11-17 09:03
ばにおくん、
玄米ごはんには、無農薬のお米だよ!炊き方によって若干、食感の違いがあるので、その辺はいろいろ試すとおもしろいと思います。

<< 納品ついでにコクーンタワーのブ... ただのくいしんぼう >>