納品ついでにコクーンタワーのブックファーストへ

今日はDADA CAFEへ納品に行きました。って話はブックピックのブログを読んでいただくとして、そのあと、西新宿コクーンタワーのブックファーストへ寄りました。

最近は往来堂書店一筋なので、大型書店は久しぶりです。広い、本当に広い。
広いだけあって、何でもあるような気がしました。働いていた会社の隣りのビルですが、在勤中にできてたら相当居座り、散財していたに違いありません。ふー・・・あぶない、あぶない。

今回は買いものではなく、お店の中を回遊魚のように歩き回って、どんな人がどんなところにいるか観察してきました。素人目線ですから、分析するわけではなくて、みんなどんな本に関心があるのか知りたかったのです。

いちばん人がいっぱいいたのは雑誌の棚。やっぱりなーとは思うのですが、文芸棚の過疎ぶりを見ると、いささか不安というか、さびしい気持ちになりました。
昼休み終わりかけでゆっくり棚を見る時間帯ではないのかもしれないけれど人っ子一人いない・・・(あ、一人いた=私)。おまけにいちばん近い出入口のドアが全開で持ってけドロボーなのか?きっとカメラがあるんだろうけれど、店員さんの目が全く感じられなくて、気を配られていない雰囲気がしました。でも、実際これが現実ってやつなのね。

でも、大型書店はたまには行くべきかな、とちょっと思いました。本がばばーんと真正面にあるといろいろ見落としていたことに気づきます。
見本市みたいです。あれと、これと・・・さ、往来堂へ注文、注文!
[PR]

by takibi-library | 2009-11-10 21:48 | いつも読書 | Comments(2)  

Commented by non at 2009-11-11 13:11 x
こんにちは。
大型書店、たまに覗くと新鮮ですよね。
ほんとに回遊魚になった感じで。
ぐるぐる見ても見ても、まだ見足りない気がして。
ちょっと焦った気持ちになります(笑)。
先日千駄木周辺を歩いたのですが、
ひとりではなかったので、気になっていた往来堂書店には立ち寄れませんでした。
近いうちに行って、実物の文庫本葉書手にしてみたいです♪
Commented by takibi-library at 2009-11-12 19:39
コクーンタワーの場合、出入口があちこちにあって、通路が真っ直ぐじゃないので、ふとしたときに店内のどの辺にいるかわからなくなります。
往来堂書店はぜひ。小さなお店ですが品揃え的には回遊できますよ。

<< 「もののはずみ」:これ好きだー! きのうの料理 >>