2009年の3冊

今年も残すところあと2日になりました。

年賀状書きに追われつつも、3冊選びがいつも心のどこかを占めていて、でもずっと決まらないまま今日になってしまいました。

今年はなんといっても「1Q84」が出た!読んだ!続きがあるって!というのが社会的規模では最大のできごとでした。この作品を入れるかどうかがいちばんの問題なのですが、続きがあるので完結してからね、ということで、今回は逃げちゃいます。

ちょっと気分が楽になって選んだのはこの3冊(作品)です。

どうでしょう。並べてみるとかなり意外な感じがします。
来年はどんな本を読むのでしょうか・・・ってすでに待機中のものが数冊、いや10数冊、あります。

とりあえず正月休みは村上春樹さんの逆輸入小説集です。買ってから読まずに取っておいたのでとても楽しみです。

では、よいお年を。

きんぴらふねふね

石田 千 / 平凡社


家守綺譚 (新潮文庫)

梨木 香歩 / 新潮社


西洋骨董洋菓子店 1~3 (WINGS COMICS BUNKO)

よしなが ふみ / 新書館





今回の3冊のうち、「家守綺譚」については「村田エフェンディ滞土録」とすごく迷いました。ズルしてあわせて1作品にしちゃおうかと思ったくらいです。
思い入れのある物語としては「村田~」を選ぶのですが、梨木作品を読んだ衝撃は今年の事件だったので、「家守~」にしました。

ところで自分でも、なんで「西洋骨董洋菓子店」が?と思うのですが、相当好きなんです。何度読んでも飽きない。そして、洋菓子の魅力を再確認!作品中に出てくる芥川さんを見習い、新年は「駄菓子は食べない」を肝に銘じたいと思います。

村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)

梨木 香歩 / 角川書店


[PR]

by takibi-library | 2009-12-29 20:32 | いつも読書 | Comments(3)  

Commented by at 2010-01-05 01:16 x
なんと!
「西洋骨董洋菓子店」は連載中に読んでいたんだけど、(もう10年くらい前か?)これは読まねば!
それにしても毎年三冊選ぶことって、とてもいいね。
今年はわたしもやってみよう。
長くなりそうなのでこのへんで。
そうそう続きは4月みたいですね!
Commented at 2010-01-05 01:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by takibi-library at 2010-01-05 10:30
「ま」さん、あけましておめでとう。
「西洋~」はお菓子のことだけじゃないと思うのだけれど、その部分がうまく言葉にできません。そのうちできると思うけど。

続きは4月か~。もうすぐだ!それまでに1、2を読み返しておかなくちゃ。

<< 「めくらやなぎと眠る女」:予定... 「仰臥漫録」読了 >>