本を貸す(その2)。

職場の別の同僚にも本を貸しました。
もうすぐ30歳の女性。ふだんよく読むは東野圭吾さんなど。「ほんわかした気分になる本が読みたい」とのこと。
選んだ本は、
・よしもとばなな「デッドエンドの思い出」
・川上弘美「古道具中野商店」
・フジモトマサル「長めのいい部屋」
とりわけ「長めの~」は、ぱらぱらと見ただけで「超いやされる~~~」とよろこんでくれました。今回もすべてお持ち帰り。ほかの本も気に入ってもらえるといいなー。
[PR]

by takibi-library | 2010-01-15 10:25 | 図書室たき火 実践編 | Comments(0)  

<< 「家庭の医学」:つらいけれど、... 「読んで旅するイギリス」キャンペーン >>