「おまんが紅・接木の台・雪女」読了

いよいよ図書館に返す日が近づいてきました。堀江敏幸さんが著書で紹介していた和田芳恵の短編集です。
堀江さんの文章からのイメージどおり、なんてことないけれど、しみじみとした読み応えのある1冊でした。

講談社文芸文庫で絶版なので、コスト的にはかなり難しいのですが、いちおう文庫本葉書用に引用もしました。とりあえず、自分用をそのうちに手に入れたいものです。

おまんが紅・接木の台・雪女 (講談社文芸文庫)

和田 芳恵 / 講談社


[PR]

by takibi-library | 2010-03-22 20:48 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 「野の食卓」読了 忙しいけど、楽しい。 >>