BostonとCambridge ③チャールズ川を渡る

タイトルを「BostonとCambridge」にしているのは、実際に2つの町に行ったからです。MITやハーバード大学(と、友だちのうち)があるのはCambridgeです。Bostonとはチャールズ川をはさんで南北に向き合っています。

半日観光がトリニティ教会で解散になってから、天気がいいので、Cambridgeまで歩いて帰ることにしました。地下鉄もあるのですが、大きく迂回するように走っているので、実は歩くのと大して時間の差はないのです。



チャールズ川を渡る橋までは、東京だと表参道のような通り、Newbury Stを歩きます。こちらも花がいっぱい。
b0069175_14391288.jpg
b0069175_14394659.jpg

Massatusetts Aveに出たら右に曲がって、いよいよHarvard Bridgeを渡ります。
b0069175_14441663.jpg

川沿いは散歩やジョギングの人、自転車やローラーブレードの人、いろいろな人がいます。橋に上るスロープも広々。
橋の上からの眺めはこんなです。
まずボストン側。ボストンは景観維持のため建物の高さが厳しく制限されていますが、例外として2つのタワービルがあります。どちらも市のスポンサーで、プルデンシャル生命とやはり保険業を営むジョン・ハンコックのものです。
b0069175_14444446.jpg

次、ケンブリッジ側。MITの球が見えます。
b0069175_14471566.jpg

橋の上はこの日、吹き飛ばされそうな強風だったので、最低限の写真しか撮れなかったのですが、その風の中、川にはヨットがたくさん出ていました(ここでは貸しボートではなく、貸しヨットなのだそうです)。
[PR]

by takibi-library | 2010-05-03 14:51 | | Comments(0)  

<< BostonとCambridg... BostonとCambridg... >>