最近読んだもの:島田雅彦、松本清張、倉橋由美子

ひとつ読み終わると、まったく違うタイプものが読みたくなって、買いだめした中から(7、80冊くらい、古いキャリーバッグに詰めてあります)、出したり戻したりしながら選び出しています。

■島田雅彦「子どもを救え!」
 川上弘美さんの書評本で知った、「優しいサヨクの嬉遊曲」のその後の話。
 主人公、千鳥姫彦は30代半ばで、小説家になっていました。
 目論見どおりバージニヤことみどりと結婚して、子どもも2人います。
 でも、2、3人の浮気相手がいて、みどりには相手にされなくなりつつあって……という状況です。

 「優しい~」を読みかえしてから読んだので、時間の経過、時代の移ろいが鮮明に感じられました。
 年齢を重ねた千鳥は思いのほか女たらしだったけど、相変わらずひたすらに考え続けていました。
 「優しい~」の最後でみどりが千鳥に指摘したことは、まさに千鳥の本質を突いていたことになります。

 またしばらくして、50代にさしかかるくらいの千鳥の物語ができたらぜひ読みたいです。


■松本清張「点と線」
 東京駅のホームのトリックは知っていたけれど、実際に読んだことはなかった作品。
 昭和の社会はサスペンスは、はつらつとした若い刑事さんの活躍がまぶしくて、
 事件がもたらす影を消してくれるので、読んでいて楽しいです。
 警視庁の若い刑事が最後に、事件解決に協力してくれた、
 福岡県警の所轄の老刑事へ書いた手紙で真相が明らかにされるという終わり方が気に入りました。


■倉橋由美子「夢の通い路」
 倉橋作品の多くに登場する「桂子さん」が、歴史上の人物や物語の登場人物と語りあう短編集。
 桂子さんには向こう側の世界にするりと入っていける能力があって、
 (おそらくそのせいで)向こう側の人をこちらの世界へ呼び寄せて、一緒に歩いたりもできます。
 
 そんな桂子さんと心を通わせる向こう側の人のひとりには西行がいて、
 その西行の言う「遁世」の意味が興味深かったです。

 うつくしいまぼろしに包まれるような読み心地は、倉橋由美子ならでは。
 やっぱりたまにはこういうのも読みたいと思います。
[PR]

by takibi-library | 2011-01-24 10:58 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 冬の朝 製本教室 第1回 本をバラす >>