本を、いっぱい買う。

昨日は、往来堂書店へ納品と買い物に行きました。

くりかえしになりますが、新刊本のほとんどを往来堂で買っています。
往来堂へ行く前に新宿の紀伊国屋書店(南口)を通ったのですが、本が、本が、本が、とにかくたくさんある!!ということがまず伝わってきて、打ちひしがれてしまいました。以前、新宿で働いていたときは職場のある西口から仕事帰りに歩いてきて、何かおもしろいものはないかとそれなりに楽しく過ごしていた場所です。でも今は、端から端まで見ることを想像して、途方にくれておしまい、です。

今回はとくに、そのあとに往来堂で取り置きしてある本を引き取る予定もあったからなおさら探す気が湧かなかったとも思いますが、さほど(距離は)遠くない場所に懐かしさを覚えるのは不思議な気がします。



ところで今、往来堂さんでは「とくとくセブン」の期間中。
貯めたポイントを使って、7%引きの権利を行使!ここぞとばかりいろいろ買いました。写真集や、そういえば買っていなかなったなという本、久々に長尾智子さんのレシピ本も買いました。

長尾さんは最近、ストウブの鍋を愛用の様子。
うちにももらい物のいちばん小さい鍋があったと思い、今朝は本に載っていた「トマトと卵のココット」を作りました。せっかくだから、ちょっと気張って、さつまいものサラダなんかも作って、いつより遅めののんびりした朝食。

本をいっぱい買って、おかずいっぱいの朝ごはん。しあわせだー。
b0069175_12125468.jpg

お鍋ひとつで、できること。―おいしく蒸す、こんがり焼く、やわらかく煮る。 (エイムック 2104)

長尾 智子 / エイ出版社


[PR]

by takibi-library | 2011-02-26 12:06 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 最近読んだ本:芝木好子、多和田葉子 「原稿零枚日記」読了 >>