最近読んだ本:ストランド、クリスティ

どちらも文庫本葉書なる予定。

■マーク・ストランド「犬の人生」
短編集。ちょっと不思議で楽しい話から、とても不思議で正直よくわからない話まで、いろいろありました。でも、いつもどこかにうつくしさを感じました。引用箇所は静かだけれどじんわりと温まってくるような部分にしました。

■クリスティ「ミス・マープル最初の事件」(創元推理文庫版)
おもしろかった。周囲からは(探偵役としては)みくびられてしまうオールド・ミスが、実はいちばん真相に近づいていることが痛快。でも、この新しい版の表紙のミス・マープルであろう女性の絵は怖すぎる・・・。

ミス・マープル最初の事件 (創元推理文庫)

アガサ クリスティ / 東京創元社


[PR]

by takibi-library | 2011-04-29 14:49 | いつも読書 | Comments(1)  

Commented at 2011-04-29 18:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 最近読んだ本:蓮見圭一、長田弘... 手製本のたのしみ >>