「電化文学列伝」読了

立て続けに長嶋有さんの本を読んでいます(調子に乗ってもう1冊続けるかもしれません)。

いろいろな小説に出てくる電化製品について語った、非常に変わった切り口のエッセイ集です。わたし自身はとりたてて電化製品に注目することがなかったので、読んだことがある作品でもまったく覚えがないものもありました。けれども、長嶋さんの指摘は、その電化製品のそもそもの役割とその場面での必然性が、物語の中でちょうどバランスしていることを教えてくれました。
もしかしたら、長嶋さんが感銘を受けているほど作者は周到にその電化製品を持ち出してきたわけではないのでは?といういじわるな憶測が湧いてこなくもありませんが、そこは気にしないほうが楽しいので、忘れることにしました。

こういう文学エッセイを読むと、さらに読みたい本が増えます。それだけはほんとうに困る。うれしいけど、困る。

電化文学列伝 (講談社文庫)

長嶋 有 / 講談社


[PR]

by takibi-library | 2011-12-24 10:54 | いつも読書 | Comments(2)  

Commented by hiziri_1984 at 2012-01-06 02:13
こんばんは。
ただ電化製品を語るのではなく、
“小説の中に出てくる”という見方がユニークですね。
読みたい本リストに入れておきます!
Commented by takibi-library at 2012-01-08 10:02
hiziriさん、
かなりおもしろいので、電車で読むのはちょっと危険な感じです。お気をつけあれ。

<< 2011年の3冊 「ぼくは落ち着きがない」読了 >>