2011年の3冊

今年はブログに読書記録を書かずにすますことが多々あったため、3冊選ぶのに苦労しました。2011年の反省点として、来年(つまり、明日から)改善したいと思います。

それでも、3冊は選びました。傾向はバラバラですが、共通して言えるのは何かしら「がつん」ときた、ってことかな。

猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)

小川 洋子 / 文藝春秋



3冊は順不同なのですが、1冊選べと言われたら、たぶんこの「猫を抱いて象と泳ぐ」にすると思います。この本を読んで、物語に餓えたら小川洋子さん、と心に決めました。

海炭市叙景 (小学館文庫)

佐藤 泰志 / 小学館



佐藤泰志という作家を知るきっかけになった本。華やかではないけれど、ていねいな感じが好きです。ちょうど今「大きなハードルと小さなハードル」を読んでいます。

せんだいノート―ミュージアムって何だろう?

仙台市市民文化事業団



「せんだいノート」については、まだこのブログには書いていない、いえ、正確に言うと、書きかけで「非公開」にしてあります。まだ未消化のことが多くて、書ききれていません。
未消化と言っても「せんだいノート」の自体の内容ではなくて、6月に仙台を訪ねたこと、友だちがたくさんできたこと、彼女、彼たちとの(おもにtwitterでの)交流からわたしが考え続けていることが、まだ自分の中で落ち着かないのです。

「せんだいノート」のこと、仙台のこと、1月中にUPしたいと思います。

では、来年もどうぞよろしく。
[PR]

by takibi-library | 2011-12-31 11:39 | いつも読書 | Comments(4)  

Commented by sakura-3rd at 2012-01-04 21:48
はじめまして、さくら♪杜の都の住人です。
ブログタイトルに惹かれてお邪魔しました。
たき火は、じんわり、ほっこり、あったか~いイメージです。
本を読むとそういう感じになるのが好きです。
これからも時々お邪魔させてください。

質問
読了した本がこういうふうに表示できるのって素敵ですね。
どのようにすればできるのでしょうか?
(私にもできたら嬉しいです)
Commented by sakura-3rd at 2012-01-05 22:48
こんばんは、さくら♪です。
早速のコメント、ありがとうございます。

小川洋子さんの『猫を抱いて象と泳ぐ』を借りてきました。
チェスは、「ハリー・ポッター」や「相棒」の映像でしかみたことが
ありません。でも、触った感じがわくわくする本なので楽しみです。
Commented by takibi-library at 2012-01-08 10:05
さくらさん、
わたしも、チェスはあまり親しみがなく(かといって、囲碁や将棋に親しみがあるわけでもなく)、どうかな?と思ったのですが、それはまったくの杞憂でした。気に入ってもらえるとうれしいです。
Commented by sakura-3rd at 2012-02-13 16:41
『猫を抱いて象と泳ぐ』
とっくに読了していたのですが、ようやっと感想を
文章にしてアップしました・・・・ダラダラですが(^^;)

クヌギーさん、ありがとうございます♪

<< 行きつけの本屋さんについて 「電化文学列伝」読了 >>