行きつけの本屋さんについて

最近あるきっかけで、全国で新しい書店ができたり、長く続いた書店が消えたりするニュースを知るようになりました。

日々それらを読んで思うことは、わたし自身が限られた書店しか行っていないということです。
「ふつう」がどれくらいかは知らないし、なんとなく、本好きとしては少ないんじゃないか、というあいまいな感覚ですが。

思い返してみると、これまで生活圏の変化に合わせて、1~2店の決まった書店に通ってきました。生活圏が変われば、通う書店も変わる、というのがわたしの基本のようです。せっかく思い出したので(笑)、メモしておくことにします。

-----

わたしの書店デビュー(?)は遅く、自覚的には中学に上がってからです。小学生のころは、父に本を買ってきてもらっていました。読んだ本の巻末のシリーズ紹介や、はさまっている新刊案内のチラシを見て、次の本をリクエストすると数日後届く、というしくみです。
父は勤務先に出入りしていた書店さんに注文していたと思われます。たぶん、紀伊国屋書店。私の本にカバーはありませんでしたが、父の本には紀伊国屋のカバーがよくかかっていたので。

中学(徒歩通学・通学路に書店なし):
とくに決まった書店なし。家族と買い物や外食に出かけたときに寄ることができるところ。

高校(電車通学):
学校帰りに途中下車して、西船橋の三省堂書店、すばる書店へ。

大学(電車通学片道2時間):
いちばん買っていたのは大学生協(割引があったから)。あとは日本橋の丸善(もちろん、まだ丸の内の丸善はない時代)、銀座の教文館書店、近藤書店(もうなくなってしまった)。学校は横浜でしたが、乗換駅の日本橋のほうが親しみがあって、横浜の本屋さんにはほとんど行きませんでした。

会社勤め(西新宿勤務):
高層ビルに入っている、福屋書店や丸善ブックメイツなどなどを転々と(開店したり移転したり閉店したり忙しかったな)。たまに南口の紀伊国屋。東急池上線沿線に住んでいたころは五反田のあおい書店が好きでした。Amazonもよく使ってました。

退職後:文庫本葉書を作るようになってから、往来堂書店ばかり。

-----

話題の書店もそんなに遠くなく、行けば行ったでおもしろかろうと思うのですが、面倒くさくて(!)なかなか気が向きません。とくに大型書店は、もはや体質として無理なのではないかと。果てしなさにげんなりして、購買意欲がなくなってしまうのです。これはこれで「いかんな~」と思うのですが、もうどうにもなりません。

と書いていて、往来堂がなくなったら?と一瞬想像して、ほんとうにおそろしくなりました。
そうならないように、これからもがんばって往来堂で本買うぞ。(あれ?)
[PR]

by takibi-library | 2012-01-08 11:06 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 「図書室たき火」の由来 2011年の3冊 >>