図書館で借りた本、たぶん誰にも借りられてなかったと思われる。

日曜日にブックピックの新年会で教えてもらった本を図書館で借りました。

カウンターで受け取ったときも「まだぴかぴかだな」と思ったのですが、2010年に刷られたものであるうえに、まだ誰も読んでいないように見えます。というのも、しおりひもが動かされた形跡がまったくないのです。

すてきすぎる。

きっとこれからもこの本を借りたいという人は限りなく少ないはずで、わたしは読み直したいと思ったら、その前に読んだままの状態で借りることができるかもしれないのです。
まだ読みはじめてもいないけど、そんな想像をするだけでうっとりします。

こっそりひとりじめするつもりなので、借りた本が何かはひみつにしておきます。

でも、こんな良書が不人気とは。
誰も借りない本がある図書館とは。
財政難の区の限られた予算で買っている本が、誰にも読まれていないというのは。

いろいろ考えると、うっとりが吹き飛ばされてしまうけど、今日借りた本は、天気の悪そうなこの週末のお楽しみにしたいと思います。
[PR]

by takibi-library | 2012-01-20 15:19 | いつも読書 | Comments(2)  

Commented by sakura-3rd at 2012-01-24 20:19
こんばんは。
タイムリーな記事に驚きつつ、くいつきます(笑)

私が学校図書館で借りてきた『猫を抱いて~』がまさに
しおりひもがまったく動かされた形跡のない本でした!

でも、次に借りるのは誰かが読んだあと、になる予定。
私が他のセンセイに、読んでみてくださいって薦めたから。

クヌギーさんが借りてきたのが、どんな本なのか気になる
・・・・感想がアップされるのを、待ちたいと思います。
Commented by takibi-library at 2012-01-29 09:58
学校図書館でもそういうことがあるのですね。
わたし自身は中学・高校では学校で本を借りなかったので、今さらですが、もうちょっと蔵書を見ておけばよかったと思います。

あと、教員も学校図書館の本を借りられるんですね。当たり前といえば当たり前ですが、「そーなんだー」と新鮮に思いました。

<< 「カワハギの肝」読了 「クリスマスのフロスト」読了 >>