重量級が続く

今年最初に買った本のひとつが「クリスマスのフロスト」だったのですが、これが、500ページ超。

続く「フロスト日和」が700ページ超。

さらにこれから「日本探偵小説全集2 江戸川乱歩集」(750ページ超)、渡辺温「アンドロギュノスの裔」(600ページ超)と、重量級ばかりを攻めていく予定。

これらは分厚い=重いので持ち歩かず家で読んでいます。なるべく家にいたいこの頃。
そして、分厚い=文庫本葉書にできない。完全に趣味の読書です!
さらに、分厚い=本棚で幅を利かす。5冊出してもフロスト2冊しか入らず!

分厚いことに、けっこうはしゃいでいます。

この4冊にはけっこう(お金が)かかっているのだから、ちょっとくらいはしゃいだっていいと思うんだ。
[PR]

by takibi-library | 2012-02-16 22:43 | いつも読書 | Comments(2)  

Commented by vicolos at 2012-02-17 08:50
はじめまして
私も読書大好きです。
いつも何かしら読んでいます。
そうしていつも自分に合う本との出会いを探し求めています。
takibiさんの記事をこれから参考にさせていただきたいと思っています。
突然来て、いきなりリンクを頂くのも不躾だとは思いますがお許しください。頂いて参ります^^
Commented by vicolos at 2012-02-17 08:56
と、思いましたら「リンクバー」が見当たりません。
自分のところにも無いので、エキサイトのシステムがいつの間にか変わったのですね。
自分のPCのお気に入りに入れされて頂きました。

<< 「ミミズクとオリーブ」読了 「手紙、栞を添えて」 文学を語... >>