昼ごはん日誌 2015/06/12

朝は月例のミーティング。いつもの、西新宿のポール・バセット。
本の話ではなく、ユニットの運営のこととなるとどうもストレスが多い。主語と目的語を確認しないと話がわからないうえに、相手はとうとうと語るので、「それは誰が(するの)?」「バランスさせるって何を?」といちいちカットイン。
最終的に「それは今考えなくてもいい」ことだった……いささかうんざりする。

気を取り直して銀座へ。ぽつぽつと雨。家を出るとき雨が止んでいたので傘がない。走る。

家族とAで昼ごはん。中華料理。ごちそうである。
わたしは以前から食べてみたいと思っていたシンガポール風海鮮ビーフンを頼む。カレー風味で、えび、いか、かに、ほたてと具だくさんで疲れがふっとぶ。

家族と別れて、Aの向かいにあるポーラミュージアムアネックスでスー・ブラックウェルの「Dwelling -すみか-」を見る。

 Dewlling -すみか-

本を使った彫刻、ブック・スカルプチャーが9点展示されていた。いろいろな物語(「海底二万里」や「スノー・グース」、「鶴の恩返し」など)のイメージが開かれた本の上に浮かび上がっているように見える、初めて観るタイプの作品群だ。
どれも美しいが、ページを切り刻んで作られているところに、うっすらとした違和感を覚えた。

別れてからデパートで買い物をしていた母と合流し、父の仕事場へ。そうめんを分けてもらって帰る。
[PR]

by takibi-library | 2015-06-12 17:31 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

<< 昼ごはん日誌 2015/06/13 昼ごはん日誌 2015/06/11 >>