2015年6月のまとめ

旅行、新しい計画のはじまり、賑やかな1か月だった。

■生活全般

仙台旅行(Sendai Book Market一箱古本市参加)
善福寺川散策
はじめて「チョリパン」を食べる
サッカー女子ワールドカップがはじまる
箱根山で小さな噴火、警戒レベルが3に上がる(6/30)
東海道新幹線で焼身自殺(6/30)

■読んだ本

近藤聡乃『ニューヨークで考え中』
波多野聖『銭の戦争 第六巻』
高橋源一郎『一億三千万人のための小説教室』
『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』
小谷野敦『もてない男』
星新一『エヌ氏の遊園地』
よしながふみ『きのう何食べた?10』
近藤聡乃『A子さんの恋人1』

『ニューヨークで考え中』はWeb連載をまとめたもの。だいたい読んでいたけど、本の形になるとまた楽しく読める。また、糸綴じで製本されているので開きがよく、ベッドの上でごろごろしながら読むのにうってつけ。
『銭の戦争』は安定のハラハラドキドキ(矛盾しているが)。この時代(明治~大正)の相場師たちが今の時代に生きていたら、どのように「情報」を扱っただろうと思う。
今月の読書会の課題図書『~小説教室』は高橋源一郎さんの「読みっぷり」がすごい。そこから小説を読み続ける意味がわかってくる。わたしが高橋さんのように読めるようになることはないけれど、読み続けようと励まされた気分。
『佐藤ジュンコの~』もWeb連載されていたもの。ミシマ社の「コーヒーと一冊」というシリーズの第1作。内容もさることながら、このシリーズの成り立ちがすばらしい。出版、書店業界のだめなところを直撃していると思う。
『もてない男』はSNSのTL上に出てきて知った本。図書館で借りて読んでみた。ここまで書くか(はずかしいだろうに)と思うことが多々あったけど、著者は学者としてそこまでやらないと気がすまないんだろうなと思った。
『エヌ氏の~』は文庫本葉書用。これまで星新一のショートショートはその作品数の割に文庫本葉書のレパートリーにはあまり入っていないのでこれから増やしていきたい。
『A子さんの~』も、おもしろかった。今回はあまり出番のなかったA君が気になる。やさしいのか性格悪いのかふわふわ入り混じったところがいい。近藤聡乃さんはこれからますます楽しみ。新刊出たら買う作家が増えた。

ニューヨークで考え中

近藤 聡乃 / 亜紀書房


銭の戦争 第六巻 (ハルキ文庫 は 11-6)

波多野 聖 / 角川春樹事務所


一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))

高橋 源一郎 / 岩波書店


佐藤ジュンコのひとり飯な日々 (コーヒーと一冊)

佐藤ジュンコ / ミシマ社


もてない男―恋愛論を超えて (ちくま新書)

小谷野 敦 / 筑摩書房


エヌ氏の遊園地 (講談社文庫)

講談社


きのう何食べた?(10) (モーニング KC)

よしなが ふみ / 講談社


A子さんの恋人 1巻 (ビームコミックス)

近藤 聡乃 / KADOKAWA/エンターブレイン



■その他のインプット

Book! Book! Sendai 2015「私的研究本」
スー・ブラックウェル「すみか」展(ブックスカルプチャー)
小池高弘「Walking & Talking」展
[PR]

by takibi-library | 2015-07-05 15:33 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 昼ごはん日誌 2015/07/... 昼ごはん日誌 2015/07/03 >>