昼ごはん日誌 2015/07/10

仕事はメール返信にとどめる休日。久々に晴れたので外に出る。

用事をすませてから、上野へ。
上野公園は、遠足の子どもたちがレジャーシートでお弁当を食べてる。噴水が目に涼しいくらいには、暑い。
芸大美術館でフィンランドの女性画家、ヘレン・シャルフベック展を見る。自画像を多く映画いていて、そのときどきの心情が強く反映されていた。壮年期の失恋(相手は19歳年下)の直後の自画像はナイフで切りつけられ、反対面に別の絵が描かれ、裏に押し込められるようになっていた。また、母親の看取りを経たときの自画像は顔の半分がゆがんでいた。痛々しくもあり、「ゆがんだ自画像を母が嘆くこともない」というある種の自由も感じられ、不思議な印象。どちらかというと少ない、人物画ではないパン屋の絵のポストカードを買う。

上野駅を出るころ、それなりにおなかが空いていたけれど慣れない町で外食する気分になれず、恵比寿へ。天然酵母を使うパン屋でミラノサラミとピクルスのサンドイッチと、クロワッサン、パンチェッタのパンを買う。ガーデンプレイスのベンチでサンドイッチを遅い昼ごはんにする。日陰で風が通るので暑くない。サンドイッチには発酵バターが使われていて、おいしい。ほっとする。

上野はいろんな展示があって、行きたいなと思うのだけど、なんとなくあの、人がわっといる様子が苦手で尻込みしてしまう。
でも、今はいろんなものを見て、いろんなことを考えたいから、好奇心の芽を自分で摘まないようにしたい。
[PR]

by takibi-library | 2015-07-11 18:06 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

<< 昼ごはん日誌 2015/07/11 昼ごはん日誌 2015/07/... >>