昼ごはん日誌 2015/08/20-23

この数日は、来週からのイベント販売に向けて、みっちりと作業をしていた。

20日。
朝ごはんのあと、夏休みに母がテレビで仕入れて教えてくれた「豚みそ」なるものを作ってみた。なかなかごはんが進む味。そのあと、リーフレット作りにかかわった人々に、便りを書く。
その後、投函がてら夕飯の買いもの。
帰ってきて、昼ごはん。前の晩の残りの麻婆豆腐をご飯にかけて丼にする。それと、これも残りもののもずく酢(市販品)。
そして、作業。22日の発送まで、ひたすら画廊づくり。厳しいスケジュールじゃないけれど、予定通りには進めないと、精神衛生上よろしくないので、こつこつと。
あとは、全体の半分の額をつけるだけ。ほんと、バルサカッターさまさま。

21日。
この日は朝からガッツリ作業。ラストスパートだ。
そんなわけで、お昼は空腹を満たす最低限のものを。ご飯と、ご飯の供(豚みそ、なすの糠漬け、昆布の佃煮)、冷奴(ごま油と塩)。
梱包まで無事に終わって、のびのび。

22日。
待ちに待った休日。昨晩以上にのびのび。それでも最低限の家事と、昨日梱包した商品の集荷はしっかりと。
お昼は、残りものの豚コマとキャベツの塩炒め、冷奴(豚みそのせ)。おやつをしっかり食べるつもりでご飯はなし。
午後から本格的にだらける。
某ライブDVDを流しながら、エスターハージーのジグソーパズル。
時間になったらおやつ。ミス・マープルを見ながらスコーンと紅茶を食べる。クロテッドクリームとイチゴジャムをもりもりのせて。昨日、『グレーテルのかまど』を見た影響。
その後、ジグソーパズルに戻って、できあがったら、またばらしてしまう。
寅さん見ながら夕飯。
NHKのドラマ『経世済民の男』の高橋是清編を見る。主演のオダギリジョーを見て、『時効警察』や『熱海の捜査官』が見たくなって困る。

23日。
今月から通い始めた「学校」の授業で西荻窪へ。今回も学びが多く、楽しかった。
昼ごはんは今回の会場になったOkatte西荻で食べる。このコモンスペースを使っている方(?)が作ってくださった。
玄米ご飯、冷や汁。ゴーヤのすっぱいの、いか大根、塩豚のロースト(ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ添え)、ゆでとうもろこし。20人分とはすごい。
その後、千駄木へ。作業にかかりっきりで頼んだままになっていた本を迎えに行く。久しぶりの千駄木で、ちょっとふらふらしようかと思いつつ、地下鉄から地上に出ると……暗い。
これはイカン! 早足で往来堂に駆け込み、アメッシュを見てくれたIさんが「雨雲来てますよ」というので、店内はほとんど見ずに退散。でも、4冊連れて帰るわけで、満足満足。
これから眺めて、読んで、すごす。
[PR]

by takibi-library | 2015-08-23 22:24 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

<< 昼ごはん日誌 2015/08/... 昼ごはん日誌 2015/08/... >>