昼ごはん日誌 2016/03/08-10

8日。
せっせと印刷。包む準備ができたところでお昼。キャベツ、ベーコン、アンチョビでフィデウア。
午後は、もくもくと包む。
夕飯を早く食べたので、夜も包み作業を。

9日。
午前中は、納品準備やそれにかかるデータ処理、メールチェックなど。お昼はパンでも買ってすまそうと思うも、新商品の「えだまめちゃん」が売り切れていたので、何も買わずに帰宅。家で、ゆで鳥とアボカドのサンドイッチを作って食べる。
夕方、バナナケーキを焼く。実は、早朝に、楽しい、うれしいお知らせがあったので、夕飯の後にダージリンのハッピーバレーをいれてケーキを食べる。

10日。
粗大ごみ(古いプリンター)を出す。申込み制で、だいたい申し込んでから10日~2週間後の日にちが割り当てられるので、忘れないかいつも不安。
翌日の消防用設備点検に備えて、ベランダの掃除。寒い、冷たい。まさに修行。
ひと息ついてから、目黒区美術館の『気仙沼と、東日本大震災の記憶』をみにいく。気仙沼市のリアス・アーク美術館の常設展示をはじめて都内で紹介する試み。震災直後から学芸員が撮影した写真と、文章による震災の記録は、真摯で思いのほかフラットで、みる側の心を静かに揺らし、その町の人々へ自然と寄り添わせるものだった。
お昼は、家で豚汁とチキンソテー。
午後はBSで放送されていた『バベットの晩餐会』を見る。それから軽く作業。
[PR]

by takibi-library | 2016-03-11 11:43 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

<< 昼ごはん日誌 2016/03/... 昼ごはん日誌 2016/03/... >>