昼ごはん日誌 2016/04/07-10

7日。
朝、ピラティスの先生から体調不良の連絡。夜荒天の予報だったので、無理はしないほうがいいと思っていたので、気にしないでほしいと伝える。
メールの処理だけしてから、強風になる前にと買い物に出る。書店で、知人のブックレビュー、福田里香さんの新連載などを立ち読みする。夕飯の材料と食パンを買って帰宅。
お昼は、その食パンでシナモントースト。最近、昼に甘いものが食べたくなる。なぜだろう。食べながら、NetflixでHOUSE of CARDSをみる。とてもおもしろい。大すき。ドラマに後ろ髪を引かれつつ、作業開始。印刷、折くせつけ、本の磨きなど。

8日。
ゆっくりめに起きたら、請負仕事のオファーが届いていた。その他メールの対応だけして、恒例の、新宿御苑でのお花見に出かける。
伊勢丹の地下に行って、升本のアスパラごはんのお弁当と、友だちと分けて食べる「鶏ごぼう南蛮」を買う。これは、鶏のから揚げの衣にごぼうを刻んだのがところどころ貼りついていて、それに甘酢だれがかかっているもの。味が濃い目なのがおいしかった。
新宿御苑はまだまだ見頃で、ほどよく花びらが舞う中で楽しめた。なにやら大規模な設営が行われていて、紅白幕を垂らしたテントがあちこちに建てられていた。警備の人に聞いてみたら、翌日の総理大臣主催のお花見会の準備だそう。感心するやらあきれるやら、雨降りやがれと思うやら。

9日。
請負仕事続行。順調に進む。
友だちとのやり取りで思い出し、『本陣殺人事件』を再読しようと思い立つ。
ふと見たニュースで、総理大臣のお花見会の招待客が16,000人と聞いて目を剥く。あれだけの準備が必要になるはずだと、納得。
夕方から、明治座で歌舞伎。その前の4時ごろ、お昼(?)を食べる。三越の地下のたいめいけんでカツカレー。ボリュームも控えめでいい感じ。カツカレーが食べたくなったらここに来ればいいのだ。
歌舞伎は『浮かれ心中』と『二人椀久』。春爛漫な演目で、楽しくて、美しくて、ほわわーっとした気分で劇場を出る感じがよかった。

10日。
最近、寝る前にもりもりと本を読んでしまっていけない。遅めに起きて、散歩(桜観測)をしてから朝昼兼用の食事。
ストウブで、キャベツ、ピーマン、マッシュルーム、ウインナーを蒸し焼きにしたものと、ピーナッツクリームをつけたトースト、コーヒー牛乳。
請負仕事を粛々と進める。やりやすい仕事で助かる。
夕方、買い物に出かける、ちょっと高かったけどやりいかを買う。煮物にしたら、帰ってきた妹がよろこんでくれたから、よかった。
食後に、問題の(?)『真田丸』。大坂編は、秀吉と清正以外壊滅的。来週からみるのを休もうと思う。
[PR]

by takibi-library | 2016-04-11 09:40 | 昼ごはん日誌 | Comments(0)  

<< 昼ごはん日誌 2016/04/... 昼ごはん日誌 2016/04/... >>