週刊文春と週刊新潮

今日は木曜日。週刊文春と週刊新潮の発売日。中吊りチェックです。

私が通勤に使っている電車では、会社に向かう方向では車両の後ろのほうにいつもこれらの中吊り広告が出ます。
ちなみに月曜日組(新聞社の雑誌―アエラ、サンデー毎日、読売ウィークリー)は前寄りです。

いつごろからかはわかりませんが、わりと最近、週刊新潮の中吊り広告が、スカスカな感じがします。一方週刊文春は、「えぇーっ!」というような記事が比較的多いかもしれません。
私はとくにどちらかが気に入っているとか言うのではないのですが、ちょっと差が開いているなぁと感じているこのごろです。

そういえば、週刊新潮の表紙が谷内六郎さんでなくなってどのくらいになるのでしょう?
子供の頃は週刊新潮のテレビCMがあって、谷内さんの絵が大きく映し出されて、「週刊新潮は明日発売でーす」ってやってました。
ちょっとなつかし。
[PR]

by takibi-library | 2005-12-01 22:32 | いつも読書 | Comments(3)  

Commented by saheizi-inokori at 2005-12-03 10:55
私も文春の方がいいせん行ってると思います。ただ、ちよっと文芸誌みたいに随筆が多いですね。嫌いじゃないのですが。どちらも新聞社系とは違う記事がいいですね。
Commented by Yaga at 2005-12-03 13:09 x
>「週刊新潮は明日発売でーす」
おぉー!なつかしい!鳥飛んで行かなかったっけ?
Commented by takibi-library at 2005-12-04 00:15
saheiziさん、
新聞社系のほうは「情報誌」ですね。How toねた(資産運用、進学、住宅選びなど)が多くて、私は自分が知りたいタイミングと合うとときどき買います。

Yagaちゃん、
鳥・・・飛んでたかなぁ。
よく童謡を使ってたのは覚えてるんだけど。「村祭り」の歌とか。

<< 「東京百話 天の巻」 人に会う。 >>