「文芸年鑑」

著作権調査の続きです。

知人が朗読会を開くにあたって、そこで朗読するある作家さんの作品の著作権使用料を払うにはどのような手続きを取ったらいいのかを調べています。

多くの作家さんは文藝家協会にその業務を委託しているのですが、よくよく問い合わせてみると、今回朗読する作品の作者の方については、部分委託だそうで、「朗読にかかる著作権使用料はご本人にお問い合わせください」とのことでした。

・・・作家本人にどうやって連絡するんでしょうか?

今は個人情報保護の観点から、文藝家協会は教えてはくれません。でも、調べ方は教えてくれました。こんな本があるそうです(画像がある2002年版にしましたが、2004年版まで出ている模様)。

文芸年鑑〈2002〉
日本文芸家協会 / 新潮社
ISBN : 4107500284




これを見るとわかるそうなので、週末に図書館へ行ってみようと思います。
今住んでいる地域の図書館へ行くのははじめてなので、また新しい楽しみが見つかるかもしれません。
[PR]

by takibi-library | 2005-12-05 23:44 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 「東京百話 天の巻」 わが家のミートソース >>