「東京百話 天の巻」・・・食べ物の話は楽しい

食べ物の話を集めた章に入りました。
(目次より)
ラムネ 吉行淳之介
ビスケット 森 茉莉
谷中の桜 金子信雄
"蕪"変じて"家富"せんべい 鳥海青児
コロッケ/アブラアゲ 山本嘉次郎
  <今日はここまで>
おでん 獅子文六
そばの都、東京 尾辻克彦
上野とたべもの 野口冨士男
夏の終わり 武田百合子
鮨 岡本かの子

う~ん・・・この先が楽しみです。食べ物の章が終わらないでほしいくらい。

今回はじめて森茉莉の文章を読んだのですが、けっこう好きかもしれません。なんとなく思うのは、たとえば大学生の頃とかだったら、もっと鼻持ちならない印象を持ったかもしれないということ。
ある本と出会うタイミングがいいと、うれしくなります。
[PR]

by takibi-library | 2005-12-14 22:46 | いつも読書 | Comments(2)  

Commented by saheizi-inokori at 2005-12-15 15:57
すごいメンバーですね。いずれも文の達人ばかり。森茉莉のテレビ番組のこととか日記風に書いた〈週刊誌に連載?)もの、とても面白かったですよ。
Commented by takibi-library at 2005-12-15 21:51
saheiziさん、こんばんは。
どの文章もたいした長さではないのですが、読み終わるまでの短い時間に、それぞれの雰囲気に包まれるような心地です。通勤時間にひとつ、昼休みにひとつかふたつと読むと、その時間は「私の時間」になります。

<< 「東京百話 天の巻」・・・ショック! 「ある生涯七つの場所」 >>