「見仏記4」読了:好きなものに夢中になる旅

読み終わりました。やっぱり楽しいですね、みうらさんといとうさんの旅は。

今回はさらに、それぞれの両親を加えた2回の旅がよかったです。
いとうさんの両親と一緒の奈良の旅、みうらさんの両親と一緒の新潟の旅、どちらも読みすすめるうちに心が芯からじんわり温まってきます。
みうらさんによると、
『見仏記』はすでに友情という恥ずかしいものを復活させるのに役立った。次に恥ずかしいものを復活させるとすれば親孝行以外にない。
のだそうです。

親孝行だったら「東京タワー」より、「見仏記」です。私の場合は。


見仏記4 親孝行篇
みうら じゅん いとう せいこう / 角川書店
[PR]

by takibi-library | 2006-03-08 21:34 | いつも読書 | Comments(4)  

Commented by kaeru.ouji at 2006-03-08 22:14
リアルもバーチャルもおひさしぶり
しばらく会えなくなる可能性大なので、3月中に一回ご飯でもいっしょしましょ!お互いいろいろ話すことがたまってるでしょ
Commented by ヨシカズ at 2006-03-09 17:46 x
やっぱり「見仏記」はおもしろいみたいですね。
一応順番どおりに、1番初めの「見仏記」から読んでみようと思います。

体調はだいぶよくなりました。ご心配おかけしました。
Commented by takibi-library at 2006-03-10 13:26
カエル王子、ごぶさたです。前会ったのって、いつだろうね(笑)。
ということで、近いうちに・・・って、後づけのコメントですが。
Commented by takibi-library at 2006-03-10 13:28
ヨシカズさん、回復傾向とのこと。よかったです。
受験生だろうと、なんだろうと、健康第一です。健康だとやりたいことが自然に浮かんでくるだろうし、そのやりたいことにちゃんと取り組めます。
そうすると、だんだんいろんなものがかみ合って、うまく回るようになると思います。

<< 初古本。 「おやつの記憶をたどりにいく」... >>