「三谷幸喜のありふれた生活2 怒涛の厄年」:和田誠さんの絵

4冊目から2冊へ(笑)。

ひとつひとつの話に、和田誠さんの挿絵がついているのですが、どれもうまく雰囲気をまるごと切り取ったようなのです。
和田さんの絵というとシンプルな線で描かれているのが印象的です。それなのに、顔立ちだけでなくたたずまいも似ていて、それがこちらに伝わってきます。

そんな素敵な絵に彩られた、楽しい、ときどきはっとしたりほろっと来るエッセイ。昼休みの読書にもってこいです。


三谷幸喜のありふれた生活2―怒濤の厄年
三谷 幸喜 / 朝日新聞社
ISBN : 402257836X
[PR]

by takibi-library | 2006-03-14 21:01 | いつも読書 | Comments(0)  

<< ショージ君は食べたかな?(1) ブックカウンセラーという職業 >>