ショック! Arune、⑩だけ売り切れ。

今日、Aruneのバックナンバーをおいている、⑤を買った本屋さんへ行きました。ところが、お目当ての「村上春樹さんのおうち」が出ている⑩だけが売り切れていました。
やはり、村上さんのおうちが出ているから売れたのでしょうか(と、疑問形にしているけど、そうだと確信している)。とりあえず今日のところは、見本誌を食い入るように読んで許してやりました(なぜか高飛車)。

村上さんのおうち、すてきでした。
食べものの好みとか生活様式は、エッセイなどを読む限り、村上さんと私では合わない気がするので、お友達になるのはちょっと難しそう(って、そんな機会ないくせに)ですが、おうちはかなりツボでした。

村上さんのおうちに伺って舞い上がっている大橋さんのはしゃぎようには、100%感情移入です。こんなふうにかわいげのある年の取り方をしたいものです。

ちなみに、やたらカッコ書きをつけてしまうのは、ショージ君の文章を読みすぎているせいだと思われるのだった(田口トモロヲ風に)。
[PR]

by takibi-library | 2006-03-25 21:49 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 充実した休日の一抹の不安。 「オハナ百景」聞いてます。 >>