雑誌の楽しみ

今朝は9時すぎに空腹で目が覚めました。
もうちょっと眠っていたかったのですが、とにかくお腹がすいて眠れません。

顔だけ洗って、もしゃもしゃ頭のままエプロンをして、台所に立ちました。
ハーブティーの抽出時間は10分。その間に、蒸した春キャベツにおいしいマヨネーズをいつもよりちょっぴり多めにかけて、チーズを添えたおかずと、自分で焼いたパンをトーストにしてお皿に載せました。
いつもはこれだけだけど、今日はのんびりした気分を出すためにストレートのオレンジジュースをつけました。オレンジジュースってホテルの朝ごはんみたいになる気がするんです。

いつもやってるはずのBS世界のニュースは今日はお休みみたいです。大リーグの試合でした。テレビはやめにしてohanaのCDをかけて、ゆっくりご飯を食べました。

食事がすんだらさっさと歯を磨いて、いそいそとベッドにもどり、寝るぞ!とふとんにくるまるのですが、どうも勝手が違います。
仕方がないので、枕元にあったクウネルをぱらぱら眺めていました。
なんとなく読み飛ばしていた記事がいくつかあったことに気づいたり、写真に出ている洋服がほしいなぁ、でも大柄なギンガムチェックは会社には着ていけないしなぁとかぼやぼや思ったりしているうちに、うとうとしてきました。

今だとばかりに電気を消して、すぅっと眠りました。
昼過ぎにすっかり疲れが取れて、でもまたお腹がすいて起きました。

2度寝をするときに、読みかけの「バースデイ・ストーリーズ」を読んでいたら・・・もしかしたらがっつり読破していたかもしれません。
やっぱり写真もあって、読むところもそれなりにあって、なおかつそんなに重たくない(内容も、重量も)雑誌は、ヘンな集中力を目覚めさせない、リラックスの邪魔をしないやさしい読み物だと思います。
[PR]

by takibi-library | 2006-04-29 23:40 | いつも読書 | Comments(4)  

Commented by tirudai at 2006-04-30 00:26
雑誌がしっくりくるときって ありますね。
軽くて 刺激もあって。私も今日そんな気分で『暮らしの手帖』を買いました。
細切れのようなGWに読みたいなと思って。
ほんとは『わたしのマトカ』買いにいったんですけどね・・なかった〜残念。
Commented by takibi-library at 2006-04-30 08:54
私も、何か雑誌がほしいなぁと思うと「暮しの手帖」を選ぶことが多いです。
「わたしのマトカ」なかったですか。残念。
私が買った書店ではいわゆる芸能人本のコーナーに積まれていてちょっと違和感を感じました。あのカバーはぎらぎらまたはきらきらの芸能人本の中ではあきらかに浮いていて、「ふつうのエッセイのところにおいてほしいな」と思います。
Commented by nyankoya at 2006-04-30 09:31
私はつい「キネマ旬報」や「cut」を買ってしまい、
ゆっくり読むどころか釘付けになってしまうという…。
昔は「商店建築」とか好きでした。でも高いんだもん…。

「わたしのマトカ」が芸能人のコーナーにあるのは頂けないですね!
あれはそんなちゃらちゃらした本じゃないんだー。とか思っちゃいます。
Commented by takibi-library at 2006-04-30 17:20
「cut」は、いつもがっつり立ち読みです(笑)。"まだ誰も見ていない映画50本"とか、素通りできませんよ!
前に行っていた美容院には「cut」があって、いつも持ってきてもらうときに指定してました。今の美容院は家から近くて便利なのですが、「cut」をおいていないのだけは前と比べると不満です。

<< 高峰秀子さんの本を読んでみたく... 休みだ! >>