「ダ・ヴィンチ・コード」(下)読了

読みおわりました。純粋にエンタテイメントとしておもしろかったです。

ミステリを読んでいていちばん盛り上がるのは、自分で犯人が推理できたときか、犯人が明かされたときだと思います。この本では、私は途中で黒幕の正体がわかったので、そのときと、それが当たっていたことがわかったときがそれに当たります。

そして、その後、最後もう一山あるのですが、そこが一山になりきらず、謎解きがあるにもかかわらず後日談っぽく感じられてしまいました。それがちょっと残念。

ちなみに、私にとっては映画のキャスティングがちょっとヒントになりました。テレビの2時間ドラマみたいですけど(苦笑)。
[PR]

by takibi-library | 2006-05-17 23:46 | いつも読書 | Comments(2)  

Commented by ヨシカズ at 2006-05-18 19:28 x
先に映画を見てしまって、原作は読まずじまいになりそうです。

書店で、今週の第一位!とか売られてると、ヘンに気をつかいます。
手元にあれば読むのですが。。

トム・ハンクスはどこかコメディな感じがしますねぇ。
Commented by takibi-library at 2006-05-18 22:53
ヨシカズさん、では、公開初日に劇場へ!ですか?
私はまたちょっとほとぼりが冷めた・・・冷め切ったころに見ることになりそうな予感。とくに理由はないですけど(笑)。

<< 「オンリー・ミー」:リアルな悩... 「ダ・ヴィンチ・コード」(中)読了 >>