読書が進みません。

本を読みたいと思っているので、短い通勤時間、昼休みにもこつこつ読んでいますが、なんとなく集中しきれない今日このごろ。

他に気になることがあるような。
つつーっと読んだだけでは腑に落ちない感じ。

でも、気になる部分を繰り返し繰り返し読むと、あるとき、すとんと「そういうことか」と思います。
倦まず弛まず、よく噛んで味わうように、ゆっくり時間をかけて本を読むこともやはり必要なことなのでしょう。

今はそういう時期なんだと思って、それも楽しむつもりでじわじわ進みます。
しばらく新しい本をちょくちょく紹介することができないかもしれませんが、お付き合いください。
[PR]

by takibi-library | 2006-06-08 23:14 | いつも読書 | Comments(2)  

Commented by ヨシカズ at 2006-06-10 17:18 x
自分の趣味といえるものだと、たまにそうゆうのあります。

映画を見ても、何も感じなかったり。
かと思うと、民放でやってる映画をダラダラ見ているときに、他の人の熱心な感想に驚かされたりと。

そうゆう時期は、趣味と客観的に付き合うとゆうような感じでしょうか。

Commented by takibi-library at 2006-06-10 23:56
>趣味と客観的に付き合う

なるほどなぁ、そういうことなんですね。
いわれてみると、こんなふうにすんなりいかないときでも、ちびちび読み進められると、やっぱり本を読むのが好きなんだなぁと思えます。
うん、発見。

<< タコライスを作りました。 街の変化 >>