「李白の月」:やっと続編が文庫化!

だいぶ前に単行本が出ているのは知っていたのですが、やっと文庫になりました。南伸坊さんの「李白の月」。

中国の不思議な昔話をマンガで紹介し、南さん独自の解釈や好奇心の向くポイントなどをまとめたちょっとした文章("蛇足"というコーナーになっています)をつけてあります。
このスタイルの最初の本「仙人の壺」は、奈良へ行ったときに読む本がなくて買ったのでした。
その「仙人の壺」が文庫本だったので、「李白の月」の単行本を見つけたときに、大きさを揃えるために文庫化まで待つ決意をしていたのでした。

ちょっと読んだのですが、相変わらずゆるゆる楽しいです。


李白の月
南 伸坊 / 筑摩書房
ISBN : 4480420355



仙人の壺
南 伸坊 / 新潮社
ISBN : 4101410348
[PR]

by takibi-library | 2006-06-17 00:37 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 久しぶりに全粒粉入りパン プチ休暇 >>