「食品の裏側」読了

おととい(水曜日)、各所で話題になっている本がわが家にやってきました。
つまり、妹が友人から借りたもの。今日(金曜日)のお昼に別の友人へ回さないといけないというので、昨晩、ひといきに読みました。
「食品の裏側」です。かつて食品添加物のトップセールスマンだったという安部司さんの本です。saheiziさんのブログでも紹介されていたので、読んでみたいと思っていました。

内容は驚きのものです。食品添加物はいろいろな食品にいろいろ使われているのだとは思っていましたが、「まさかここまで!」という驚きです。
ただ、「何でだろう?」と思ったことは、たいていあやしいというのは間違っていなかったんだなぁと思いました。

例えば、本にも取り上げられているコンビニエンスストアのおにぎりについて。
今はどうかわからない(あまりコンビニには行かないので)のですが、コンビニで売られているおにぎりは、どうして冷蔵庫に入っていておいしいのかが、私にはなぞでした。
ふつう、ご飯を冷蔵庫に入れるとぽそぽそになって、温めなおさないとおいしくないからです。

炊き立てご飯のつやと味、そのあと冷蔵庫に入れて冷ましたご飯のつやのなさと味、その変化を知っていると、やっぱり家のおにぎりとは違うんだと思ってしまいます。

でも、実際のところ、私の家にも食品添加物を使ったものはたくさんあります。調味料やお菓子、ふりかけ、お弁当の友のインスタントの味噌汁やスープ・・・。
どうやったら減らせるのだろう。

しかし著者はきっぱり言います。
これほど食品添加物が蔓延している世の中では、私達の食生活から添加物を「ゼロ」にするのは、現実問題として不可能です。
(略)
あれが毒だこれも毒だ、添加物をやめて無添加にせよと、告発するだけでは、ちっとも進まないのです。

そして、未来に向けてのヒントをくれます。
添加物を単純に目の敵にし、拒否するのではなく、どう付き合うか、どう向かい合うか。どこまで自分は許せるか。それこそが大切なのです。

生きていくには、自分で考えて決めるということが大切なのだと改めて思いました。

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
安部 司 / 東洋経済新報社
ISBN : 4492222669
[PR]

by takibi-library | 2006-06-30 07:15 | いつも読書 | Comments(4)  

Commented by saheizi-inokori at 2006-06-30 07:44
クヌギーさん、おはよう。TBありがとう。まさに避けて生きてはいけないのが添加物。出来るだけ少なくするとか知識を持つとか、特に若い人はこれからですから大切なことですね。
Commented by ヨシカズ at 2006-06-30 16:39 x
添加物ですかぁ。
今のところ、知識も無いので全然気にしていません。

友人は、コンビニのおにぎりは添加物の味がすると毛嫌いしてましたが、そんな事はないと思いますし、著者の言うとおり、適度に意識ぐらいはしてみようと思います。
Commented by takibi-library at 2006-07-01 06:03
saheiziさん、この本はショッキングな内容ではあるのですが、ただ不安を煽るだけではないところがいいです。
上記のような精神論から、1週間単位でバランスを考えて食べるなどの具体的な実践方法まで書かれているところに、読者をフォローしようという著者の気持ちが出ていると思います。
Commented by takibi-library at 2006-07-01 06:06
ヨシカズさん、もしこの先、食品添加物について興味を持ったら、この本を読んでみてください。いいところも悪いところも両方書いてあります。

<< モノドンの天然酵母パン 「富豪刑事」読了 >>