「昼メシの丸かじり」読了

相変わらず、笑いをこらえるのがつらい「丸かじり」です。
そして、この「昼メシ」は今まで読んだ中でいちばん―といってもまだ既刊の半分にも満たないのですが、取り上げられる食べもの(食材・料理)がバラエティに富んでいると思いました。

比較的最近の本(2001年9月刊)なので、けっこうしゃれた食べ物も出てきます。「え、これを?」と思ったのは、パンにオリーブオイルをつけて食べる話。たしかにおいしいのだけど、自分ちでもするかというと、あまりしない食べ方だったので、ショージくんのこのはまり方には驚きました。
小皿にオリーブオイルをタラタラと垂らします。そうですね、タラタラと五タラぐらい。
そこに塩をパラとふりかけます。パラと一パラだけ。
そのオリーブオイルにパンをギュッと押しつけて食べるのです。
ギュッとたっぷし。たっぷしじゃないとダメです。これが旨い。うっとりするほどの香りがある。
油とは思えないサラリとした舌ざわり。
これを一度味わってしまうと、もうね、バターなんかね、つけて食うのなんてね、メじゃないね、ええ、クセになること保証しますね、ええ、ぼくはそう思いますね、ええ、と野球解説の掛布さんのように、自分で意見を一定おいて、すぐ自分でうなずいてしまいますね、ええ。
あのね、一度ためしてみて。タラタラ五タラに塩一パラだよ。それでうっとりだよ。頼むよ、もう、本当に。
う~ん・・・正直なところ、ここまでおいしいかなぁと思ってしまうのですが・・・今度、焼きたてパンで試してみます。

昼メシの丸かじり
東海林 さだお / 文藝春秋
ISBN : 4167177617
[PR]

by takibi-library | 2006-07-06 05:59 | いつも読書 | Comments(2)  

Commented by Kawachi at 2006-07-06 22:09 x
Kawachiです。

うちに「オリーブオイルのごちそう」という本があるのですが、著者の
北村光世さんはバターの代わりにオリーブオイルを使っているそうです。

そうしてみると、東海林さんの食べ方も納得いきますね。

「オリーブオイルのごちそう」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4579205510/503-9599713-6803153?v=glance&n=465392

ちなみに北村さんは塩は使わないそうです。こくだけで十分だとか。

でわ。
Commented by takibi-library at 2006-07-07 12:17
カワチ、もしかしたら北村さんの本は実家に1冊あったかも。違う題名だけどオリーブオイルをよく使っていた記憶があります。

<< 「嫌われ松子の一生」 読了 「嫌われ松子の一生」を借りました。 >>