「友部正人詩集」:現代詩について

先日見たTHE CONVOY SHOWで今村ねずみさんが朗読していた、友部正人さんの詩集を図書館で借りてきました。

これまでに読んだ(と言える)詩は・・・中原中也と西條八十くらいです。ランボオはちんぷんかんぷんで2ページで止めました。小説やエッセイに比べると、なじみの薄い詩。さらに現代詩はほとんど読んだことがありません。
はたして、この本は最後まで読むことができるでしょうか?

でも、友部さんの詩は歌詞なのです。もちろん、歌詞でない作品もあるとは思いますが。
私にとって歌詞であるということは、読むにあたって敷居が低くなる感じがします。私が日本語の歌を聞くとき、メロディより歌詞のほうが大切だからです。

となると、私の好きなサンボマスターやスピッツの歌詞も現代詩と言えそうです。
そんな気分で読みはじめたら、読破できそうな気がしてきました。


友部正人
友部 正人 / 思潮社
ISBN : 4783709572
[PR]

by takibi-library | 2006-10-10 17:50 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 来年の手帳 「夏の海の色(ある生涯の七つの... >>