「信長の棺」:あのぅ、まだですか?

*前の感想*

温泉なんか行ってないで、早く棺を探しに行ってくれませんか?
早くしないと、この本終わっちゃうんですけど。

*次の感想*



帯の言葉です。
遺骸は、なぜ本能寺から消えたのか・・・
小泉首相も感銘を受けたと、各誌・TVで話題騒然!
脅威の新人による、本格歴史ミステリー
時代を動かすベストセラー
この本は6章構成になっています。今、5章めに入ったところですが、題名でもある信長の棺探しは具体的には始まっていません。非常にいらいらします。ちょっと怒ってます。
ここまで読んで私がつけるなら、この本の題名は「太田牛一の冒険」です。
この本は、今のところ棺探し以外のことが80%以上なので、作者は何について書きたいのか?私には今のところわかりません。この題名に興味を持った私にとって、牛一の老いらくの恋物語は興ざめです。
「小泉首相も感銘を受けた」という時点で胡散臭いな~とは思っていましたが・・・。
[PR]

by takibi-library | 2006-11-12 13:52 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 低温長時間発酵パン しっかり雨降り。 >>