「GOTH〈夜の章〉、〈僕の章〉」読了

お店のあるビルの工事会社の方(=設計士さんの息子さん)からのおすすめで読んだ、ライト・ノベルです。と言っても、実は"ライト・ノベル"というジャンルの定義が自分の中ではできていないのです(苦笑)。とりあえず、名前のとおり軽く読めたとか、マンガみたいだったとかはありません。

〈夜の章〉では"森野夜"という、"僕"の同級生にまつわる事件の、〈僕の章〉ではより"僕"が積極的に関わっていく事件の話が、それぞれ3つずつ収められています。
猟奇事件が題材であるため、その描写には好き嫌いがあると思いますが、私は「そればかりではない」と感じたので、それはそれと割り切れました。猟奇事件というと、愛読の金田一シリーズなども相当グロテスクなことがありますが、それよりもよりリアルです。おそらく、現実に起きて、報道される、私には理解しがたい事件と、頭のどこかで関係付けているからでしょう。でも、あくまで本はフィクションであり、それが流行るから社会がどうとか、それを読んでいるからいまどきの若者はどうとかとは思いません。

私が感じた主題は遺体描写のリアリズムではなくて、サブタイトルになっている"森野夜"と"僕"のふたりは、それぞれ理解者を求めている、たとえ人間的な感覚の一部が欠落していたとしても、それを求めずに生きてはいけないということだと思います。
そこに照準を当てて読むと、それぞれの話から浮かび上がるのは、切ない物語です。耽美的な印象もありますが、探偵役でもある"僕"の闇の部分がその甘さを許しません。
また、謎解きも痛快で予想もつかない展開に「やられた!」と思うことしきりでした。とくに、〈僕の章〉の最後の話、「声」は、にわかに結末が信じられず、2回読み返してしまいました(笑)。

ということで、年末年始のお休みに読むには娯楽性も、重さもちょうどよかったです。

GOTH 夜の章
乙一 / / 角川書店




GOTH 僕の章
乙一 / / 角川書店







個人的に腑に落ちないのは、人を殺した犯人が警察に捕まらないことです。事件の解説(解体)はあるのですが、法的な決着はなく、探偵役もそれは求めていません。

たしかに、殺した理由は怨恨や発作的な怒り、金銭的な利害といった、犯人と被害者の関係性に基づいたものではありません。コントロールできなくなった犯人の狂気や不可解な欲望がもたらした事件です。最後まで裁くのは、物語の構成上難しいかもしれません。
でも、犯人が結局野放しにされるのは、遺体の描写とリアルさという点でバランスが取れていない感じがしました。
警察が逮捕したところで、犯人が内面に抱える問題は解決しないかもしれない。でも、「解決しない」という答えでもいいから、現実社会との接点がほしかったです。
[PR]

by takibi-library | 2007-01-04 12:40 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 焼き初め! 「野垂れ死に」読了 >>