「デッドエンドの思い出」:初ばなな

読みたいな~と思っていたところへ、ちょうどおすすめをいただいたので、人生初の吉本ばなな作品です。

短編集ですが、すすめてくれた方の感想は、「これって普通にありそうなことなんだけど、あったらうれしいなぁ」と思う話ばかり、とのこと。とても心惹かれました。

今、最初の話「幽霊の家」を読んだところです。若者の話で、読んでいてちょっと気恥ずかしいところもありますが、読み終わって「あぁ、よかったなぁ」とほほえみがこみ上げてくるような物語でした。


デッドエンドの思い出
よしもと ばなな / / 文藝春秋
ISBN : 4167667029
[PR]

by takibi-library | 2007-01-23 18:44 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 「デッドエンドの思い出」読了 居心地のよいステキなカフェ >>