「グレート・ギャツビー」:ついに着手!

父に「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」をプレゼントしたので、私も村上さんの本が読みたくなり、ついに買ってあった「グレート・ギャツビー」を読み始めました。

旧訳でもそうでしたが、くっと軽い力なのですが、すっかりその世界に引き込まれる書き出しがたまりません。引用したいのは山々ですが、これは新鮮な気持ちでその力加減を感じてほしいのでやめておきます。

グレート・ギャツビー
村上春樹 / / 中央公論新社
ISBN : 4124035047
[PR]

by takibi-library | 2007-02-06 18:29 | いつも読書 | Comments(2)  

Commented by ヨシカズ at 2007-02-06 22:11 x
初めて、「いいなこの書き出し。」と思えたのも、何にも知らずに読んだおかげもあったのかもしれませんねぇ。

映画もそうですが、やっぱり新鮮な気持ちで味わうのが良いのかもしれないです。
Commented by takibi-library at 2007-02-07 17:07
本も映画も、大げさに言うと「会うべき時」があるような気がします。
批評や宣伝があふれている現代では、新鮮な気持ちで読むことを意識することは大事かもしれませんね。

<< 絵本「おひさまパン」を買いました 父の村上春樹デビュー >>