「くちぶえサンドイッチ」読了

昨日、読み終わりました。

全体としては、おもしろかった・・・かな?という感じです。やっぱり恋愛談は生々しさがいただけなかったので、買わないことにしました。
でも、仕事と人を大切にすることについての話は、それが当たり前だけど大切なことゆえに、生々しさが感動になりました。

松浦さんは、より少ないものごとの変化で心を動かす人なのだと思いました。ささやかな一瞬の光を見逃しません。その眼力(?)とか、感性がふんだんに文章に表れています。
なにかにつまづいたときに読むと、すりむいた膝の痛みが飛んでいくのではないかと思います。

松浦弥太郎随筆集 くちぶえサンドイッチ
松浦 弥太郎 / / DAI‐X出版
[PR]

by takibi-library | 2007-03-17 21:06 | いつも読書 | Comments(0)  

<< book & cafe [en... 最高級天然酵母パン専門店ルセッ... >>