「今日のデザート帖」:作り手の心構え

長尾智子さんの料理本は、励ましの言葉や作り手の心構えがそこここに書かれているからだと思います。
時には失敗もあるかもしれないけれど、デザート作りを気楽にできるようになると、料理も変わる、という気がします。
と書かれているのを読んで、私は「ほんとかなぁ」とは思わず、「ならば、やってみよう!」とやる気が湧きます。
どうしてかはわかりませんが、なんとなく、信じていい気がするのです。
焼き菓子に必要なのは「時間」、のような気がします。くだものにシロップをかけるだけのデザートとは違って、時間にも気持ちにも余裕が必要。「1時間で何とかする」こともできなくはないので、以前は私もやっていたけれど、もうやめました。理由は、"急いで作ったお菓子"になるから。もっと言えば、"急いで作っただけのお菓子"になるからです。
食後にちょっとしたものでも甘いものがあると、ちょっと心に余裕生まれます。そのためのものをせかせかした気持ちで作っても、きっと効果が半減するんだろうなぁ・・・気をつけようと思います。

今日のデザート帖
長尾 智子 / / メディアファクトリー
[PR]

by takibi-library | 2007-03-24 23:37 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 「旨いものはうまい」:食エッセ... ホエイの威力 >>