「旨いものはうまい」:食エッセイはちびちび読みたい。

以前、COOK COOPで買った、吉田健一の「旨いものはうまい」を読み始めました。

だいぶ前に吉田健一の小説を読んだときは、長い文章―2ページ先まで「。」がひとつもないことにてこずりましたが、この食エッセイはそんなこともなく、共感することも多く、読んでいて楽しいです。とはいっても、まだ20ページくらいしか読んでいません(笑)。

でも、食エッセイってちびちび読んでしまうのです。出てくる食べものを一つ一つ想像して、うはうはしながら進むのが楽しいから、もったいつけて読みたくなります。

旨いものはうまい
吉田 健一 / / 角川春樹事務所
[PR]

by takibi-library | 2007-03-25 21:08 | いつも読書 | Comments(0)  

<< 四大奇書はいつか制覇したいと思... 「今日のデザート帖」:作り手の心構え >>